F1 フェラーリ Mission Winnow
フェラーリF1チームとドゥカティMotoGPチームは、2019年の残りのシーズンをMission Winnowのブランディングのない状態で戦っていくことになると Autosport が報じている。

両方のチームのタイトルパートナーを務めるフィリップモリスは、Mission Winnowのプログラムは“無煙代替品”の開発と販売を野心的に考える同社にとっての新時代を迎えるために使用しており、タバコ広告との関連性を否定している。

しかし、Mission Winnowのブランディングは今年何度か論争となっており、F1開幕戦の舞台となったオーストラリアの公衆衛生機関は、フェラーリにおけるフィリップモリスのブランディングの合法性の調査を開始。そのため、フェラーリはF1オーストラリアGPで自主的にMission Winnowのロゴを削除した。

さらにカナダとフランスでもタバコ広告の規制によってフェラーリはマシンからMission Winnowのロゴを削除。ドゥカティも先月のル・マンでのMotoGPレースで同様の変更を施している。

マクラーレンのスポンサーであるブリッティス・アメリカン・タバコも独自のイノベーションキャンペーンを展開しているが、同じような理由でそのブランディングを削除している。

情報筋によると、フィリップ・モリスは、Mission Winnowのキャンペーンに対する外部からの調査が増えるなかで、当初よりも長い期間、潜在的には2019年の残りのシーズンすべてでロゴを削除することを検討しているという。

Mission Winnowのブランディングは、MotoGPのアッセンでドゥカティのマシンから削除され、フェラーリのF1マシンにも短期的に復活することないと考えられている。

フェラーリは、Mission WinnowのロゴをSF19とチームのユニフォームから削除し、代わりに90周年のロゴを掲載。チーム名も『Scuderia Ferrari Mission Winno』から『Scuderia Ferrari』に変更した。

ドゥカティも同様にチームメイトを『 Mission Winnow Ducat』から『Ducati Team』に変更すると考えられている。

フィリップモリスの広報担当サイモン・ダウディングは「実際問題として、我々は噂や推測についてコメントすることはありません」と述べた。

「今シーズン開始時に発表したように、我々はレース毎に決まった場所でMission Winnowのメッセージを伝える機会をパートナーに提供していくかもしれません」

「オーストラリアトカナダのケースと同様にスクーデリア・フェラーリは今週末のフランスでのF1グランプリでカラーリングとチームユニフォームで彼らの90周年を祝います。我々は各レースに先立って引き続き必要に応じてより多くの情報を共有していきます」

2007年以来、世界的なタバコ広告の規制によって、F1でも段階的にタバコ会社の宣伝が段階的に削減され、2011年にフェラーリはF1マシンからマールボロのブランドを削除している。

それでも、フェラーリとフィリップモリスは健全な財政関係を保っており、ファンは巧妙なカラーリングとロゴデザインワークによってフェラーリとマールボロのブランドの関連性を認識している。

2010年には、フェラーリは反タバコ協会からバーコードロゴがサブリミナル広告に該当するのではないかと指摘され、マシンからバーコードロゴを削除することを強いられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ | MotoGP