F1 フェラーリ モナコGP
フェラーリは、2019年 第6戦 モナコGPの決勝で、セバスチャン・ベッテルが2位、シャルル・ルクレールがリタイアでレースを終えた

マッティア・ビノット(チーム代表)
「4番手スタートだったことを考えれば、オーバーテイクが非常に難しいことで知られるトラックでのセブの2位が良い結果であるのは間違いない。今日はレースを通して良いペースを発揮し、楽なタスクではなかったタイヤのマネジメントも素晴らしかった」

「シャルルは、昨日の予選で起きた出来事によりレースに妥協を強いられたため、ポジションを上げるにはバトルするしかないと分かっており、強力なスタートを決めた。素晴らしい出だしだったが、アグレッシブになることは常にリスクを伴う。いくつか素晴らしい追い抜きを決めたが、最後の1回はおそらく少しハードに行き過ぎてしまったのだろう。だが、あれは正しい姿勢だったと言える。彼は絶対にあきらめたり降参したりしないことを示した。今回は運が混在したレースだったし、今の我々はすでにカナダの準備を進めている」

セバスチャン・ベッテル(2位)
「今日はタフなレースだったけど、最終的に2位は素晴らしい結果だし、モナコような象徴的なトラックで表彰台を獲得できてチームのためにうれしく思う。今日は他のドライバーのミスからも恩恵を受けたけど、それもゲームの一部だ。タイヤに苦しんでいるルイスを追いかけていて、マックスが彼をとても近くまで追い上げて、彼らが接触したのを見たとき、一瞬、“勝てるかもしれない!”と思ってしまったよ。僕たちにやるべき仕事がたくさんあることはわかってるし、今日はハッピーだけど、完全にハッピーというわけではない」

シャルル・ルクレール(リタイア)
「僕たちにパフォーマンスはあったので、結果に繋がらなかったのは残念だ。15番手スタートだったので、ポジションを上げるために戦うためには違うことをやって多くのリスクを冒さなければならないことはわかっていたので、全力を尽くした。レースの序盤は楽しかったし、とても順調だった。9周目にニコをオーバーテイクするときにリアをウオールにこすって接触してしまい、リアタイヤとフロアを傷つけてしまった。新しいタイヤでレースを続けようとしたけど、事故の後はかなりのダウンフォースを失っていたのでリタイアせざるを得なかった。全体的には難しい週末だったけど、すでにカナダでの次レースに完全に集中しているし、挽回できるように全力を尽くす」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ | F1モナコGP