F1 フェラーリ
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、現状を打破するためにメルセデス型のリアイングを開発していることを明らかにした。

2019年のF1タイトル候補として挑んだフェラーリだが、開幕3戦ではメルセデスに3戦連続で1-2フィニッシュを許し、イタリアメディアはすでに今年のフェラーリは危機に瀕しているとの報道を続けている。

2016年のF1ワールドチャンピオンであるニコ・ロズベルグは、フェラーリの2019年F1マシン『SF90』が空力に“致命的”な問題を抱えていると推測している。

「フェラーリは彼らのマシンを空力的に間違った場所に設定してしまった。彼らのマシンはあまりにもドラッグが小さく、とにかくコーナーで十分なダウンフォースを得られていない」とニコ・ロズベルグは語っている。

現在、ポイントランキングで首位に立つルイス・ハミルトンも同意する。

「僕たちはフェラーリがすべてのラップのストレートで僕たちよりもコンマ4秒以上速いことを知っている。でも、彼らはコーナーでタイムを失っている」とルイス・ハミルトンはコメント。

「それに応じで彼らがいつセットアップを変更するか好奇心を持ってみている」

フェラーリのF1チーム代表マッティア・ビノットは、実際に問題を解決するための開発が進められていると語る。

「メルセデスのようなリアウイングの開発が進められている」とマッティア・ビノットは Auto Motor und Sport< に語った。

新しいリアイングは来月のF1スペインGPで投入されると考えられているが、同誌はフェラーリは独特な形状のフロントウイングも再設計することを必要としているかもしれないと語る。

ニコ・ロズベルグは、フェラーリの問題はリアウイングだけで解決するものではないと考えている。

「今週末、彼らはリアウイングをより働かせようとしていたが、彼らには必要とするより大きなリアウイングがなかった」とニコ・ロズベルグは語る。

「彼らはダウンフォースを生み出す必要があるが、リアウイングをつけるだけでは効率的な方法とは言えない。なぜなら、ダウンフォースの増加とドラッグの増加は1:1にすぎないからだ」

「それは進むべき道ではない。進むべき道は、フロントウイングやエンドプレートのようなクルマの中の他の場所から持っていることだ」

フェラーリはここまでパフォーマンスだけでなく、信頼性に関するいくつかの問題にも取り組んできた。

だが、マッティア・ビノットは「ラップタイムが第一だ。信頼性はその次だ」と優先順位を語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ