F1 フェラーリ シャルル・ルクレール
フェラーリの母国イタリアでセバスチャン・ベッテルの株が急落し、シャルル・ルクレールの株が急騰しているのは明らかだ。

今年、フェラーリはメルセデスからタイトルを奪還できると大きな期待がかけられていた。しかし、オーストラリア、バーレーン、そして、ロングストレートを有して有利と見られた中国でもメルセデスに1-2フィニッシュを許すことになった。

それだけでなく、フェラーリはF1中国GPでシャルル・ルクレールにセバスチャン・ベッテルを先に行かせるようチームオーダーをッ出したことで論争を巻き起こしている。

元AFコルセのドライバーであるトニ・バイランダーは「3000万ドルの男と250万ドルの男がいる場合、その階級構造はかなり明確になっている」とフィンランドの MTV に語った。

しかし、イタリアの Corriere della Sera は「フェラーリはようやく適切なドライバーを雇うことができたことを理解した方がいいだろう。それはシャルル・ルクレールだ」と報道。

「マラネロはベッテルから船長の腕章を取り上げてルクレールに渡すべきだ」

シャルル・ルクレールは、中国でのレースでチームオーダーに明らかに動揺して腹を立てていたが、“馬鹿げた発言”をして論争を起こすつもりはないと語った。

「ピットウオールの人々の方が僕よりも全体像を把握している」とシャルル・ルクレールはリポーターに語った。

だが、元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、シャルル・ルクレールがフェラーリの“犠牲”になったと Sky Deutschland に語った。

シャルル・ルクレールは「そこまでではない。僕たちはチームだ。今日は僕にとってはうまくいかなかったけど、チームとして最高の仕事をしようと努めていた」と返答した。

フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは「彼がそのように言ってくれて嬉しく思う。それは成熟度を示すものだからんだ」と述べた。

「彼のレースが少し妥協を強いられたのは明らかであり、シャルルが動揺もしくは腹を立てているとしても、彼にはその権利がある。だが、我々はベッテルがメルセデスのペースについていけるかどうかを確かめるために彼にスペースを与えようとした」

「その段階では絶対に何かを試さなければなれなかった」

実際、フェラーリの一番の問題は、今年はメルセデスを上回ることができるというあらゆる兆候があったにも関わらず、ここまではメルセデスが結果を出していることにある。

「今日、僕たちは彼らについていこうと試みたけど、できなかった」とセバスチャン・ベッテルは語る。

「今後数カ月で僕たちがどこに進む必要があるかを理解するうえでも、今後数週間が僕たちにとって重要になるだろう」

シャルル・ルクレールと同じように、セバスチャン・ベッテルもメディアの論争に油を注ぐことは望んでいない。

「答えたくはない。あなたたち(記者)の仕事の仕方には少し反対だからね」とセバスチャン・ベッテルは語った。

しかし、メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、実際に事を荒立てているのはフェラーリだと語る。

「この種のことを始めれば、パンドラの箱が開くてしまうのも仕方がないことだ」とトト・ヴォルフはコメント。

「我々はそれをニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトン、その後、ルイスとバルテリで経験している。それはフェラーリだけの問題ではない。二人の第1級のドライバーがあるのはどのチームにとっても問題だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ