F1 フェラーリ シャルル・ルクレール
フェラーリは、F1バーレーンGPでシャルル・ルクレールに発生したトラブルは、MGU-Hではなく、シリンダーの故障だったことを明らかにした。

シャルル・ルクレールは、スタートでこそ順位を落としたが、リードを奪ってからはレースを支配。2番手のルイス・ハミルトンに8秒以上の差をつけ、F1初勝利はほぼ手中に収めたかと思われた。

しかし、残り10周でパワーユニットにトラブルが発生してスローダウン。シャルル・ルクレールとフェラーリとの無線メッセージからMGU-Hの故障だと推測された。

だが、フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、問題が発生したのは内燃エンジンに関連したものだと説明。中国にむけてさらなる調査を行っていくと述べた。

「我々は現在エンジンをチェックしているところであり、何が起こったのかについての明確な説明がまだない」とマッティア・ビノットはコメント。

「エンジンの問題です。1つのシリンダーで誤燃焼をしていた。だが、原因はまだ理解できていない」

「エンジンは徹底的にチェックするためにマラネロに戻される。このようなことが起こったときは、時間をかけて慎重にチェックしなければならない。しかし、エンジンはレースの終盤にも動いており、まだ動く」

「中国の金曜日にそのエンジンを使用することになるだろう。金曜日全体で挙動、機能性、パフォーマンスを評価していく」

問題はMGU-Hに関連したものだとの推測についてマッティア・ビノットは「その噂がどこから来たのかわからない」とコメント。

「MGU-Hに問題はなかった。そのようなことが起こったとき、燃焼制御マッピングをリカバリーを試みるものだし、少なくともマッピングを変えようとするものだ」

「それを改善する方法があるかどうかを確かめようとしている。今日はそうはならなかったし、レースを管理しなければならなかった」

「あのような状況でレースを続けることは勇敢な決断だった。だが、最終的に3位で終えられたのは重要であり、おそらく正しい決断だった」

マッティア・ビノットは、故障は稀な問題であり、シンプルに解決できるはずだと自信をみせる。

「簡単に対処できるのは単一の問題だ」とマッティア・ビノットはコメント。

「我々が使っているエンジンやマッピングなどとは無関係だ。単一のコンポーネントの障害であるはずだ。これから解明していく」

関連:F1バーレーンGP 結果:波乱のレースをルイス・ハミルトンが制す

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ | F1バーレーンGP | シャルル・ルクレール