F1 フェラーリ
フェラーリは、F1チーム代表のマウリツィオ・アリバベーネと今シーズン以降の契約を延長すると報じられている。

2018年のタイトル争いでメルセデスに大きくあけられる形となったフェラーリは、マウリツィオ・アリバベーネとテクニカルディレクターを務めるマッティア・ビノットとの権力争いによる内部分裂が報じられている。

マウリツィオ・アリバベーネは、フェラーリのF1チーム代表の座を失い、イタリア・セリエAのユベントスのCEOに就任するとの噂も浮上した。

しかし、イタリアメディアの情報筋は、フェラーリはマルリツィオ・アリバベーネにい新たな契約を提示する準備を進めており、マッティア・ビノットもテクニカルディレクターの座に留まると報じている。

F1アメリカGPが開催されるオースティンでは、セバスチャン・ベッテルに何がうまくいかなかったのかとの質問がなされた。

セバスチャン・ベッテルは「常に言い訳を探すことはできる。個人的に自分のミスが多かったけど、メインの問題はクルマに十分なスピードがなかったことだ。それが僕たちがより多くのリスクを冒さなければならなかった理由のひとつだ」と語った。

また、セバスチャン・ベッテルは、タイトル争いのライバルであるルイス・ハミルトンが自分への批判に対して擁護する発言をしたことに感謝の意を示した。

「僕たちはお互いにリスペクトしている」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

ここにはF1内で働く人々と外から見ている人々の2つの世界がある。レースの世界とメディアの世界だ。それらは必ずしも一致しない。噂や話はスポーツの人気の一部に過ぎない」

残りの4戦で逆転タイトルを獲得することは事実上不可能だが、フェラーリにはまだやらなければならない作業があるとセバスチャン・ベッテルは語る。

「僕たちは過去数戦で前進するためのいくつかのステップを逃した。これから原因を理解する必要がある。いくつかのアイデアとアプローチがあるし、今後数週間で僕たちが正しい軌道に乗っていることを示すことが重要だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ