F1 フェラーリ シャルル・ルクレール
フェラーリの会長ジョン・エルカンの兄弟が所有する会社が、Facebookページでシャルル・ルクレールのフェラーリ加入を祝福するメッセージを投稿。すぐに削除されるという事態があった。

ラポ・エルカンが設立した自動車カスタマイズ会社Garage Italiaは、フェラーリから2019年のドライバーについて発表がなされると報じられ、誰もがニュースを待っていた9月3日(木)にシャルル・ルクレールのフェラーリ昇格を祝うメッセージを投稿。

「F1デビュー以来、君を信じてきたことを誇りに思う」とGarage Italiaは投稿。

「コース上、コーナー毎に君と一緒に走ることを誇りに思う。もうすぐ赤いクルマに乗った君を見られることを嬉しく思う」

同社は投稿後すぐにこのメッセージを削除し、「夢が実現することを願っている!」という別のメッセージに差し替えた。

フェラーリは、前会長の故セルジオ・マルキオンネが推していたシャルル・ルクレールの起用を決めたとされ、先週のモンツァではジョン・エルカンが直接キミ・ライコネンに電話をして来季は起用しないことを伝えたとされている。

イタリアメディアは、9月3日(木)にもキミ・ライコネンに代えてシャルル・ルクレールを起用することがフェラーリから発表されると報じていたが、最終的に発表がなされることはなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ / シャルル・ルクレール