フェラーリ F1 リバティメディア スクーデリア・フェラーリ
フェラーリのセルジオ・マルキオンネ会長は、フェラーリがF1から撤退するという発言を“虚偽”だと考えている人々に“危険なことになる”と警告した。

セルジオ・マルキオンネは、リバティメディアが進める2021年のF1エンジン案や将来のF1の方向性に合意できなければF1から撤退する覚悟だと繰り返し警告している。

フェラーリは、F1の歴史のなかで何度か撤退をほのめかしており、実際に撤退することはないだろうと考える人々もいる。元F1の最高権威者であるバーニー・エクレストンもフェラーリは“おなじみのゲーム”だとし、「フェラーリは勝てなければ、たいていパニックを起こす」と語っている。

セルジオ・マルキオンネは、今回の脅威は真剣なものだと語る。

フェラーリの伝統的なクリスマスディナーでセルジオ・マルキオンネは「2020/2021レギュレーションについての我々の脅威は虚偽だと言っている人は危険なことをしている」とコメント。

「2015年以降、状況は変化している。その時から全員が、我々が何らなの兆候を示した場合、我々がそれを実施することは全員が知っている」

「最大の利点のひとつは、現在のコンコルド協定は以前とは非常に異なり、リバティメディアとの契約中でさえ、大きな契約上の自由が保証されている」

「以前の契約ではチームがF1以外の代替案を評価することは不可能だった。今は、我々はショーという点でF1に類似したものを生み出す可能性を分析することができる」

セルジオ・マルキオンネは、F1チームが団結すれば、F1に替わる代替シリーズを作り出すことは実行可能な選択肢だと考えている。

「2020/2021から代替チャンピオンシップを作り出す可能性はある」とセルジオ・マルキオンネはコメント。

「我々はその可能性を無視することはできない。できることなら、それは避けたいがね」

「私としてはF1を続けたいと思っている。だが、全てのレースでDNAを示す可能性がないのであれば、フェラーリが去らないための妥協点を見つけなければならない」

「もしそれが見つからなければ、フェラーリは去らなければならない」

「フェラーリが他チームを引き抜くことができれば、我々は経済的な点でそれを検討しなければならないが、我々はそれを実行できると思っている」

セルジオ・マルキオンネは、F1の新オーナーであるリバティメディアが、今後、クルマの技術面を簡素化しようとしていることに“悩まされている”と語る。

「私を悩ませている一番のことは、リバティメディアにはF1で素晴らしい経験を持ったロス・ブラウンという人間が、スポーツのDNAのない方向へ進めようとしていることだ」とセルジオ・マルキオンネはコメント。

「我々はF1の歴史の一部だったし、何がたわごとで、何がF1であるかを理解している」

「我々にはF1だけで働くレース部門があるし、我々はF1を良く知っている」

「リバティメディアと我々の利益のバランスを取らなければならない。だが、我々はフェラーリがF1から撤退することを避けるために時間までにそこに到達できると思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ