フェラーリ F1
フェラーリは、今週末のF1オーストリアGPに向けて、パワーユニットのアップデートにトークンを1つ使用した。

今回はMGU-Kのアップデートにトークンが投入されたと見られている。MGU-Kはブレーキング時にリアホイールからエネルギーを回収し、加速する際にそのパワーを解放するシステム。

レッドブル・リンクで実施された初回セッションに向けて2台のフェラーリマシンに新しいバージョンのMGU-Kが搭載されたほか、セバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンにはいずれも新品の内燃機関が搭載された。

今回のアップデートで29個目のトークンを費やしたフェラーリは残り3トークンとなり、メルセデスは11トークン、Hondaが12トークン、ルノーは21トークンを残している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ