フェラーリ ピットストップ信号システム
フェラーリは、2009年から再びピットストップ信号システムを復活させるようだ。

改良されたシステムは、給油ホースが取り付けられている間は、マシンが発進できない仕組みになるという。

フェラーリは、シンガポールGPでのセーフティカー導入時、ピットストップ信号システムの操作ミスにより、フェリペ・マッサが給油ホースが抜かれる前に発進。マッサは、ピットレーンの端でストップせざるを得ず、貴重なポイントを失った

その後の残りの3レースで、フェラーリは従来のロリポップに戻しレースを戦った。

フェラーリのチームマネージャーであるルカ・バルディセリは、改良されたピットストップ信号システムの信頼性を確信している。

「我々は2008年のミスを分析し、システムを改良した」

「電子プログラムにより、燃料ホースが取り付けられている間は、マシンがスタートできないようになる」


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェラーリ