フェラーリ リザーブドライバー 2012
フェラーリは、2012年にリザーブドライバーを置かないことを発表した。

フェラーリの元リザーブドライバーだったジュール・ビアンキは、今年フォース・インディアの金曜ドライバーに就任。

またフェラーリには、ダビデ・リゴン、ジャン・カルロ・フィジケラ、マルク・ジェネが控えている。

だが、フェラーリのスポークスマンは、フェルナンド・アロンソもしくはフェリペ・マッサが何らかの理由でレースに参加できない場合「パドックの周りにいるドライバーのひとりを起用する」ことを Auto Motor und Sport に述べた。

「昨年、ザウバーでセルジオ・ペレスの代役が必要になった際、ペドロ・デ・ラ・ロサがそこにいて、走る準備ができていたのを見た」

例えば、元トロ・ロッソのドライバーで今年BBCラジオの共同解説者に就任したハイメ・アルグエルスアリなどが候補として考えられるかもしれない。

また、メルセデスAMGもリザーブドライバーを置いていない。

「テスト制限により、フルタイムで経験のあるテストドライバーに給料を支払うことはほとんど意味のないことだ」とノルベルト・ハウグは説明した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェラーリ