フェリペ・ナッセ
フェリペ・ナッセは、バルセロナテスト初日に発生した接触についてスージー・ヴォルフを非難しなかったものの、目視していれば容易に避けられた事故かもしれないと指摘した。

午前中のトップタイムを記録し、午後も印象的なラップを走っていたフェリペ・ナッセだが、ターン5でスージー・ヴォルフをオーバーテイクしようとした際に右リアとスージーの左フロントが接触。グラベルでマシンを止めた。

この事故について、スージー・ヴォルフはフェリペ・ナッセがラインを横切ってきたと非難しているが、フェリペ・ナッセは追い抜く権利があったはずだと主張する。

「ラップを開始していったところだったし、実際、プッシュラップだった」とフェリペ・ナルスはコメント。

「彼女がピットから出てくるのが見えたし、僕の前をかなりスロー走行していた。ターン4でもそうだったけど、彼女に追いついたら向こうが右に動いたように見えたので、僕が来ているのが見えたんだと思った。彼女はスローラップだったしね」

「ターン5へのブレーキングで僕はインサイドにいた。ブレーキング中にリアサスペンションに大きな衝撃を受けたので、彼女は僕が来ていることをまったく知らなかったのかもしれない」

「僕が彼女に聞いたのはそれだけだ。答えはノーだった。僕はすでにブレーキングゾーンに入っていたし、ブレーキングを始めてすでに数メートル走っていた。僕が動いた時点で彼女は十分に右に寄っていた。でも、僕のマシンがいることに彼女がどれだけ気づいていたかはわからない」

さらに、ウィリアムズがザウバー側を非難していると教えられたフェリペ・ナッセは、スージー・ヴォルフが正確な情報を与えられていなかった可能性を示唆した。

「というか、わからけどね! 僕はさっきも言ったように、彼女から僕が来ていることには気づいていなかったと言われた。僕のマシンを見ていなかったからといって彼女を責められない。正直、なんて言えばいいのかもわからない」

「F1ではマシンの情報や後続のマシンについて、常にチームがドライバーに対して最善のアドバイスを与えようとするものだ。もしかしたら何か聞き逃しがあったのかもしれない。回避できた可能性はあると思う」

「彼女がチームからのメッセージを受け取れていなかったのか、気づかなかったのか、それともミラーを見なかったのか、それはわからない。大袈裟なことにはしたくない」

「テストだし、誰もが別々のことに取り組んでいる。アウトラップを走っている人もいればプッシュラップを走っている人もいる。起こり得ることだと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェリペ・ナッセ / ザウバー