F2イタリア大会レース1
FIA F2イタリア大会のレース1が9月7日(土)に行われ、ホンダF1の育成ドライバーである松下信治(カーリン)が優勝を成し遂げた。

前戦ベルギー大会で事故死したアントワーニ・ユベールの追悼大会の位置づけとなったレース。5番グリッドからスタートした松下信治は好スタートを切って3番手まで順位を上げると、5周目に松下信治にはトップに浮上する。

8周目にミディアムタイヤに交換した松下信治は6番手でコースに復帰。23周目に先行マシンがすべてピットインしたことでトップに返り咲いた松下信治は後続とのギャップを管理してトップでチェッカー。開幕戦のレース1以来となる今季2勝目を挙げた。2位にはルカ・ギオット(UNI-Virtuosi)、3位にはニック・デ・ブリース(ART Grand Prix)。佐藤万璃音(カンポス)は12位でレースを終えた。

POSNODRIVERSTEAMS
12N. MatsushitaCarlin
28L. GhiottoUNI-Virtuosi
34N. de VriesART Grand Prix
411C. IlottSauber Junior Team by Charouz
55S. Sette CamaraDAMS
616J. KingMP Motorsport
720G. AlesiTrident
815J. AitkenCampos Racing
910S. GelaelPREMA Racing
1017M. RaghunathanMP Motorsport
113N. MazepinART Grand Prix
1214M. SatoCampos Racing
136N. LatifiDAMS
9M. SchumacherPREMA Racing
7G. ZhouUNI-Virtuosi
18T. CalderonBWT Arden
1L. DeletrazCarlin


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2