フォーミュラ2
FIA-F2選手権第7戦イギリス大会のレース1がシルバーストンサーキットでレース1が行われ、ルカ・ギオット(UNI-Virtuosi Racing)が優勝。松下信治(Carlin)は位でレースを終えた。

午後3時45分のレース開始時は気温18℃、路面温度28℃のコンディションで、空には厚く黒い雲があり、レース中の降雨も予想されていた。松下信治は、5列目9番手からのスタート。

スタートの位置取りがよく、ポジションを上げた松下信治は、1周目を6番手で終え、さらに前との差を詰めにかかる。しかし、7周目にソフトからハードへタイヤ交換を行う際にピット作業に手間取り、後続にポジションを明け渡してしまう。上位3台は後半にピットインを行う作戦で、松下信治は12番手でレースに戻るが、すでにピットインを行なったなかでも9番手と遅れてしまった。

タイヤ交換からおよそ20周の間ポジションは変わらず。レース終盤に入り、全車がタイヤ交換を済ませた時点で9番手に上がり、ペースを上げて前車との差を詰めていくが、順位を上げることはできずに9番手のままチェッカーフラッグを迎えた。松下信治は前々戦フランスのレース2から4レース連続での入賞となっている。

レース2は14日(日)午前10時(日本時間午後6時)にスタート。松下信治は、5列目9番手から、連続入賞を目指す。

松下信治
「スタートはよくてポジションを上げられましたが、チームメートが前にいたのでそちらが優先でピットインとなり、自分のピットインではだいぶ時間がかかってしまいました。もっと上位にいけただけにもったいないレースでした。その後もみんな同じようなペースで、あまりレースにはならなかったです。最後はペースを上げてだいぶ詰めたのですが届きませんでした」

順位No.ドライバーマシン周回数タイム/差
18L.ギオットUNI-Virtuosi Racing2950'21.114
26N.ラティフィDAMS29+3.314
37G.チョウUNI-Virtuosi Racing29+7.186
45S.カマラDAMS29+11.841
515J.エイトケン Campos Racing29+13.744
64N.デ・ブリースART Grand Prix29+18.969
92松下信治Carlin29+24.263


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F2