フォーミュラ2
2019年のF2選手権の開幕戦バーレーンのレース1が3月30日(土)にバーレーン・インターナショナル・サーキットで行われ、ニコラス・ラティフィ(DAMS)が優勝した。

スタートではポールポジジションからスタートしたルカ・ギオット(UNI-Virtuosi Racing)が失速。ルイ・デレトラズ(Carlin)がトップに浮上する。

その後は目まぐるしく上位の順位が変わる展開。そのグループを抜か出したニコラス・ラティフィが2位に8.7秒差をつけて優勝。フィーチャーレースでの初優勝となった。

ルカ・ギオットが挽回して2位、3位にはセルジオ・セッテ・カマラ(DAMS)が続き、DMASがダブル表彰台を獲得した。

松下信治(Carlin)はスタートで5位にポジションを上げるが、タイヤに苦しみ徐々に後退。全ドライバーで最初となる12周目にソフトタイヤに交換する。第2スティントでは一時2位を走行していたが、後半は再びタイヤに苦しみ後退。なんとか8番手を守ってきたが、最後はミック・シューマッハ(Prema Racing)に抜かれて9位でフィニッシュした。

8位でフィニッシュしたミック・シューマッハは、リバースグリッドとなる明日のレース2をポールポジションからスタートする。

2019年 F2 開幕戦 バーレーン レース1 結果

PosNo.ドライバーチーム
16ニコラス・ラティフィDAMS
28ルカ・ギオットUNI-Virtuosi Racing
35セルジオ・セッテ・カマラDAMS
419アントアーヌ・ユベールBWT Arden
51ルイ・デレトラスCarlin
64ニック・デ・ブリースART Gand Prix
715ジャック・エイトケンCampos Racing
89ミック・シューマッハPREMA Racing
92松下信治Carlin
107 周冠宇UNI-Virtuosi Racing
1121ラルフ・ボスチャングTrident
1220ジュリアーノ・アレジTrident
1318タチアナ・カルデロンBWT Arden
1411カラム・アイロットSauber Junior Team by Charouz
1514ドリアン・ボッコラッチCampos Racing
1612ファン・マヌエル・コレアSauber Junior Team by Charouz
1716ジョーダン・キングMP Motorsport
1817マハーヴィーラ・ラフナサンMP Motorsport
1910ショーン・ゲラエルPREMA Racing
203ニキータ・マゼピンART Gand Prix


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F2