F2
F2 第4戦 アゼルバイジャンの決勝レース1が24日(土)にバクー・シティ・サーキットで行われ、シャルル・ルクレールが優勝。松下信治は12位でレースを終えた。

レースは開始早々にセーフティカーが入る荒れた展開。その後も複数回セーフティカーが入り、残り4周にはターン8で複数台が絡む事故が起こり、赤旗中断。そのままレースは終了した。

優勝はポールポジションからスタートしたシャルル・ルクレール(PREMA RACING)。2位にはニック・デ・ブリース(RAPEX)、3位にはニコラス・ラティフィ(DAMS)が続いた。

フロントローからスタートした松下信治は、スタートで順位を落とすもトップ10圏内でレースを進める。だが、20周目にターン1でコースオフして15位まで後退。そして、残り4周での事故にも巻き込れまれてエンジンがストップ。その後、マーシャルの助けを得て再びエンジンがかかったが、レースはそのまま終了。赤旗前の結果が採用され、最終結果は12位となった。。

2017年 F2 第4戦 アゼルバイジャン レース1 結果

順位No.ドライバーチーム
11シャルル・ルクレールPREMA RACING
218ニック・デ・ブリースRAPEX
310ニコラス・ラティフィDAMS
49オリバー・ローランドDAMS
56アルテム・マルケロフRUSSIAN TIME
620ノーマン・ナトーPERTAMINA ARDEN
715ジョーダン・キングMP MOTORSPORT
811ラルフ・ボスチャングCAMPOS RASING
917セルジオ・カナマサスTRIDENT
108セルゲイ・シロトキンART GRAND PRIX
114グスタフ・マルヤRACING ENGINEERING
127松下信治ART GRAND PRIX
1314セルジオ・セッテ・カマラMP MOTORSPORT
1421ショーン・ゲラエルPERTAMINA ARDEN
1512ロベルト・ビソイウCAMPOS RASING
165ルカ・ギオットRUSSIAN TIME
173ルイス・デレトラズRACING ENGINEERING
1816ナビル・ジェフリTRIDENT
192アントニオ・フォコPREMA RACING
2019ジョニー・チェコットRAPEX


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F2