レッドブルF1育成の岩佐歩夢は予選9番手 / FIA-F2モナコ
FIA-F2モナコ大会の予選が行われ、フレデリック・ヴェスティがポールポジションを獲得し、2ポイントを獲得した。

モナコGPの予選は2部構成で行われ、グループBでファステストラップを記録したヴェスティは、グループAでファステストラップを記録したビクター・マルタンスとともに決勝レースのフロントローに並ぶ。

予選は、アーサー・ルクレール、ユアン・ダルバラ、そして第2セッション終了時にはクレメント・ノヴァラックのクラッシュにより、さまざまなステージで中断された。彼らのインシデントにより、F2週末を通じてこれまでに赤旗が6回発生した。

グループBではヴェスティのライバルであるテオ・プルシャールが2番手となり、ゼイン・マロニーが3位となった。続いてジャック・クロフォード、岩佐歩夢、アマウリー・コルディールが続いた。

グループBではファン・マヌエル・コレアが7番手となり、クレメント・ボヴァラック、デニス・ハウガー、ラルフ・ボシュングが続いた。ブラッド・ベナビデスがグループBの11人のドライバーを締めくくった。

グループAでマルタンスのすぐ後ろにいたのはジャック・ドゥーハンで、最速を目指して動きの遅いクシュ・マイニに激怒していた。リチャード・フェルシュフォー、ダルバラ、アイザック・ハジャルはそれぞれ3番手、4番手、5番手で最初のセッションを終えた。

彼らにクシュ・マイニとエンツォ・フィッティパルディが続き、オリバー・ベアマンがロイ・ニッサニーを率いた。ルクレールは、ボシュングとのプラクティス中の事故によりグリッドペナルティを受けて予選に臨んだロマン・スタネクを上回ってフィニッシュした。

第2予選のグループが最終的にポールを決めるため、ヴェスティとその後ろのグループBのドライバーは右側のグリッドから、グループAのドライバーは左側のグリッドから本番に臨むことになる。

岩佐歩夢は予選9番手となり、リバースグリッドで争われるスプリントレースではフロントロー2番グリッドからスタートする。

FIA-F2 フォーミュラ2ポールポジションを獲得したフレデリック・ヴェスティ(メルセデスF1育成ドライバー)


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2