レッドブルF1育成の岩佐歩夢、ペースが上がらず16位 / FIA-F2 第13戦 スプリントレース
レッドブルF1育成の岩佐歩夢は、FIA F2選手権 FIA F2選手権第13戦のスプリントレースを16位で終えた。

FIA F2選手権第13戦のスプリントレースが、イタリアのモンツァで行われました。9月9日(金)に行われた予選で、ホンダ・フォーミュラドリーム・プロジェクト(HFDP)のドライバーとして参戦する岩佐歩夢は、最終アタックでトップタイムを狙ってプッシュしたが、最終コーナーでコースアウトし7番手で予選を終えた。

スプリントレース開始の午後6時、気温28℃、路面温度37℃のコンディションでフォーメーションラップがスタート。リバースグリッドで行われるスプリントレースでは、2岩佐歩夢は列目4番手からのスタートとなる。

スタートで好ダッシュを決めた岩佐歩夢は2番手に浮上するが、第1コーナーでアウト側から来たマシンに先行され3番手となった。1周目に後続でアクシデントが発生し、セーフティカーが導入される。4周目にレースは再開されたが、ペースが上がらない岩佐歩夢は徐々に2番手から離されていく。10周目、11周目と続けて第1コーナーで後続にパスされ、岩佐歩夢は5番手にポジションを落としました。

レース中盤、岩佐歩夢のペースはさらに落ち、苦しい展開になる。14周目、第1コーナーで後続に並ばれた岩佐歩夢は、必死にポジションを守るがショートカットするかたちでコースアウト。ポジションはキープしたが、後にペナルティーを科されることになった。マシントラブルに見舞われたように明らかにペースが落ちた岩佐歩夢は15周目からラップごとに後続にパスされ、20周目には13番手までポジションを下げた。13番手でチェッカーフラッグを受けた岩佐歩夢だが、5秒のタイムペナルティーが加算され、最終結果は16位に終わった。

「マシンに全くペースがなく、とても悔しいレースに終わりました」と岩佐歩夢はコメント。

「かなりオーバーステアがきつく、コーナーの立ち上がりでも進入でもリヤが流れ苦しい展開でした。コースにとどまるのが精一杯で、何回もスピンしそうになりました」
「レース後マシンやデータをチェックしましたが、まだ原因がはっきり分からない状況です。セットアップ自体はチームメートと同じでしたが、自分だけオーバーステアがひどい症状だったので、予選のクラッシュでモノコックやほかの部分に影響があったのかもしれません」

「マシンに異常があったことはエンジニアとも一致しているので、フィーチャーレースに向け、原因を見つけ出し改善したいと思います」

岩佐歩夢 ホンダF1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2