レッドブルF1育成の岩佐歩夢、2度目の表彰台と初のファステストラップ / FIA-F2 第7戦 スプリントレース
レッドブルF1の育成ドライバーである岩佐歩夢は、FIA F2選手権第7戦で2位表彰台を獲得。F2で初となるファステストラップも記録した。

FIA F2選手権第7戦が、イギリス・シルバーストンで幕を開けた。7月1日(金)に予選が行われ、ホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)のドライバーとして参戦する岩佐歩夢は、初めてのコースながら2セット目のアタックで6番手タイムをマーク。リバースグリッドとなるスプリントレースで、3列目5番手の好グリッドを得た。

スプリントレースは小雨が降るウエットコンディションとなり、気温15℃、路面温度20℃という状況の下、午後5時にフォーメーションラップがスタートした。セーフティカー先導で2周に渡りフォーメーションラップが行われ、ローリングスタートでレースがスタート。フォーメーションラップが1周追加されたため、21周のレースは20周となった。ローリングスタートのため順位変動はなく、各車は舞い上がる水しぶきを避けて、一定の距離を保つレース序盤となった。

雨が上がり、路面がところどころ乾き始めた5周過ぎから、ウエットタイヤのマネジメントに差が出始め、ペースを上げられないマシンが現れる。5番手を走行する岩佐歩夢は、6周目にペースを上げて2台をパスし、3番手にポジションを上げた。8周目にはターン9でオーバーテイクを決めて2番手に浮上し、トップを追う。

タイヤマネジメントに気を配りながらトップを追う岩佐歩夢だが、トップも3秒強の差をコントロールしながら走行を重ね、差が詰まらないままレースは終盤に。残り5周となった16周目にはトップと4秒の差があったが、タイヤに余力を残す岩佐歩夢がスパートを開始し、ペースを上げる。

17周目にファステストラップをマークして差を縮めると、18、19、ファイナルラップと連続してファステストラップを更新しトップに迫った。しかし、0.9秒及ばずチェッカーフラッグを迎え、岩佐歩夢は2位でフィニッシュ。第4戦スペイン以来の2位表彰台を獲得した。また、岩佐歩夢はF2で初のファステストラップを記録し、1ポイントを加算。このスプリントレースで合計9ポイントを獲得した。

「うれしい結果ではありますが、悔しいレースでもありました」と岩佐歩夢はコメント。

「最後のスピードは明らかに勝っていて、あと1周あれば余裕で抜けるペースはあったと思います。レース序盤からタイヤマネジメントには気を遣い、2番手になってからも前との差を見ながらタイヤをセーブしていました。

「残り9周くらいで前がプッシュし始めたのはわかりましたが、自分としてはまだ早いという感じで、残り6周くらいの時に無線でエンジニアと話し自分もプッシュを開始しました。結果的にはプッシュを始めるのが遅かったという反省はありますが、その判断が非常に難しいコンディションだったとも思います」

「これまで、速さはあっても結果を出せていなかったことが課題でしたが、今回の2位という結果がいいきっかけになるようにしたいです。フィーチャーレースも、自分のやるべきことをしっかりやれば結果はついてくると思いますので、やるべきことを準備してレースに臨みたいと思います」

岩佐歩夢 ホンダF1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2