角田裕毅、最終戦を2位表彰台でランキング3位でシーズンを終了…ミック・シューマッハがチャンピオン獲得 / FIA-F2 第12戦バーレーン レース2
ホンダF1の育成ドライバーである角田裕毅は、FIA-F2 最終戦(第12戦) バーレンのレース2で2位表彰台を獲得。ランキング3位でシーズンを終えた。

レース1で今季3勝目を挙げた角田裕毅は、リバースグリッドのレース2を8番グリッドからスタート。スタートで12番点い順位を落とした角田裕毅だったが、上位勢が激しいバトルでタイヤを使い切っていく中、巧みなタイヤマネジメントで粘り強く順位を上げてく。

そして、ファイナルラップの最終コーナーでダニエル・ティクトゥムをオーバーテイクして2位でチェッカー。残念ながら、200ポイントとランキング2位のカラム・アイロットに1ポイント及ばず、ランキング3位でシーズンを終えた。これで40点のスーパーライセンスポイントが加算され、ストレートでF1スーパーライセンス取得となった。

優勝はユアン・ダルバラが初勝利。カーリンがワンツー・フィニッシュでシーズンを締めくくった。3位にはダニエル・ティクトゥムが続いた。

2020年のFIA-F2チャンピオンにはミック・シューマッハが輝いた。最終戦はノーポイントに終わったシューマッハだが215ポイントを獲得した。ランキング2位はカラム・アイロットが続いた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2 / 角田裕毅