FIA-F2 ロシア 予選:角田裕毅が自身3度目のポールポジション
FIA-F2 第10戦 ロシア大会の予選が9月25日(金)にソチ・オートドロームで行われた。

ポールポジションを獲得したのはホンダF1の育成ドライバーの角田裕毅(カーリン)。1分48秒688を記録し、2番手のユアン・ダルバラ(カーリン)を0.006秒の僅差で上回り、自身3度目となるポールポジションを獲得した。3番手にはミック・シューマッハ(プレマ)が続いた。

佐藤万璃音(トライデント)は18番手で予選を終えた。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2