FIA、2026年F1エンジンレギュレーションを確定!
FIA(国際自動車連盟)は、世界モータースポーツ評議会による承認を受けて、待望の2026年F1エンジンレギュレーションにゴム印を押した。

現在、F1エンジンは、ホンダがF1から撤退した後、今年から2025年まで凍結される。2026年からのF1エンジン形式の構成については、FIA、F1、既存および将来のマニュファクチャラーがすべて関与して、数年間議論が続けられてきた。

8月16日(火)、FIA 世界モータースポーツ評議会の会合に続いて、F1パワーユニットを管理する2026年の競技規則、技術規則、財政規則が承認された。

1年以上議論されてきた次世代ワーユニット規則の枠組みは、4つの重要な柱に基づいている。

スペクタクルの維持:2026年F1パワーユニットは、現在の設計と同様の性能を持ち、高出力、高回転のV6内燃エンジンを利用し、過度のパフォーマンス差別化を回避してレース性を向上させる。

環境的持続可能性:2026年F1パワー ユニットには、電力のデプロイメントとが最大50%まで増加し、100%持続可能な燃料が使用される。

経済的持続可能性:パワーユニットに関する財務規制は、F1の中核にある最先端の技術ショーケースを維持しながら、競合他社の全体的なコストを削減する。

メーカーにとって魅力的ま新しいパワーユニット:このレギュレーションは、ニューカマーが競争力のあるレベルでスポーツに参加することを可能にし、魅力的にすることを目的としている。

内燃エンジン (ICE) は、同じ RPMで1.6 リッター V6 レイアウトを維持し、燃料流量を減らし、大きく2つの部分に分割される。

上部は主に燃焼領域に焦点を当て、新しい燃料の燃焼システムを開発する自由度が高くなる。エンジンブロック、クランクシャフト、コネクティングロッド、ポンプ、および付属品を含む下部は、より規定される。

現在のF1パワーユニットと比較した最大の変更点は MGU-H の削除だが、FIA は可変トランペットとその作動および制御システムが削除されることを概説している。

すべての燃料成分は、燃料に新しい化石炭素が使用されないようにするために、完全に持続可能な供給源から調達する必要がある。

MGU-Hの廃止と持続可能な燃料の導入は、常にポルシェとアウディのF1へのコミットメントの前提条件と見なされていた。

エネルギー回生システム (ERS) の出力は350kWに増加し、パワーユニットメーカー間の競争の重要な分野であり続ける。

また、2026年のF1レギュレーションでは、長期的なメリットやデメリットが固定化されるのを避けるために、主要なPUコンポーネントの配置がより制限されることも概説されている。

2026年には、各ドライバーは 4基のICE、ターボチャージャー、エキゾーストユニット、および3基のエネルギーストアとMGU-K を利用できるようになる。この数は、2027年シーズンからそれぞれ 3基と2基に減少する。

また、2023年シーズンからはパワーユニットのコストに関する財政規制も導入される。

コスト上限は、2023年から2025年の期間で9,500 万ドル、2026年以降で1億3000 万ドルに設定される。現世代のパワーユニット活動とカスタマーチームへの供給は、コスト上限の測定から除外される。

FIAのモハメド・ビン・スライエム会長は「FIAは、モータースポーツのポートフォリオ全体にわたって革新と持続可能性を推進し続けている。2026年のF1パワーユニット規制は、その使命の最も注目を集める例だ」と語った。

「高度なパワーユニット技術と合成持続可能な燃料の導入は、ロードカーのユーザーに利益をもたらし、2030年までにネットゼロカーボンという目標を達成するという我々の目標と一致している」

「F1は現在、大きな成長を遂げており、これらのレギュレーションが2022年の変更が生み出した興奮に基づいて構築されると確信している」

「このプロセスに関与したすべてのFIA経営陣と技術スタッフが、これを実現するためにF1のすべての利害関係者と協力して熱心に取り組んでくれたことに感謝したい。また、これらのレギュレーションを検討し、承認してくれた世界モータースポーツのメンバーにも感謝する」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / FIA