F1テクニカルディレクター陣とFIAがポーパシング解決策について議論
F1の統治機関であるFIA(国際自動車連盟)は、技術指令が批判を受けた後、F1チームのテクニカルディレクターとミーティングを設けて、ポーパシング(ポーポイズ現象)の潜在的な解決策について話し合いを行う。

FIAは、カナダグランプリの前夜に新しい技術指令を発表。これは、アゼルバイジャングランプリでのバウンシングによってF1ドライバーの長期的な健康への懸念が高まったことを受け、F1ドライバーをポーパシングの影響から保護することを目的としている。

技術指令TD039に従い、FIAは「垂直振動の許容レベルの定量的限界」を提示する。これは、金曜日のプラクティス後にF1チームが送信するデータに基づく数値となる。

しかし、F1チームはそれについて多くの疑問を呈している。最大の疑問は、許容可能なレベルの垂直振動と見なされるものについてだ。

「7Gまたは8Gが限界だと誰があえて言うのか?」と匿名のF1チーム代表はAuto Motor und Sportに語った。

「まだ何が受け入れられ、何が受け入れられないかについての専門知識はまったくない」

また、それが技術指令であること自体もF1チームを混乱させている。フェラーリは、技術指令はレギュレーションを変更させるものではないたえ、それがFIAの義務の範囲内であるかどうかについて疑問を呈している。

「我々にとって、その技術指令は適用されない」とフェラーリのF1チーム代表であるマッティア・ビノットはThe Raceに語った。

「そして、それは我々がFIAに言及したことだ。技術指令は、規制を明確にするため、またはポリシングに対処するためにある。規則を変えることはない。それが問題のガバナンスだ」

先週の木曜日の技術指令に加えて、F1チームは2つ目のステーを追加してフロアを安定させる自由が生まれた。これは、レッドブルやフェラーリなどが反対しているレギュレーションの変更だ。

それらはすべてカナダグランプリの土曜日にクリスチャン・ホーナーとトト・ヴォルフの間で激しい衝突を引き起こした。クリスチャン・ホーナーは、Netflixのカメラのためにトト・ヴォルフが演技をしていたと嘲笑したと言われている。

F1チームがポーパシング問題について合意に達することはないことを認識し、FIAはF1チームのテクニカルディレクターと話し合いを行い、前進する方法を見つけていく。

Motorsportは、週末のレースでの競争の激しさから議論を遠ざけることで、解決策を導入するためのより考慮されたアプローチが可能になることが期待されていると報告している。

「議論のトピックは、FIAがモントリオールの週末に垂直振動について収集したデータの分析、および将来のある時点で制限を課すことを試みることが可能かどうかを含む可能性がある」

「また、FIAは、ポーパシング問題を長期的に解決するためのより多くの範囲をチームに与える可能性のある、2023年の技術規制の潜在的な変更に関する情報をチームからダウンロードしたいと考えている」

「これには空力の変更、サスペンションシステムの改訂、さらにはマスダンパーなどのツールの禁止解除が含まれる可能性がある」

しかし、レッドブルはすでにFIAの介入を「1つのチームの問題を整理することに明らかに偏っている」と呼び、トト・ヴォルフは再び「ドライバーの健康を軽視しない責任」を強調している。

コンセンサスは非常に長い道のりのようだ…

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / FIA