F1、ドライバーの安全のためにポーポイズ現象を軽減する技術指令を発行
F1の統治機関であるFIA(国際自動車連盟)は、ポーパシング(ポーポイズ現象)についてコメントが相次いだ後、F1ドライバーの安全性を向上させるために技術指令を発行した。

2022年に導入された新世代F1マシンは、後続のドライバーの妨げになっていた車からの汚れた空気の影響を最小限に抑えることを目的として設計され、グランドエフェクトカーへと生まれ変わった。

しかし、グランウンドエフェクトカーは、F1マシンが上下にバウンドするポーパシングという副産物を生み出し、ほぼすべてのF1チームの設計にさまざまな程度で影響を与えている。特にメルセデスF1はフルスロットルセクションが長いバンピーサーキットでのバウンシングで大きな影響を受けている。

カナダグランプリに先立ち、FIAは安全のためにアクションを起こした。

FIAは声明の中で、「この現象を軽減または排除するためにチームが必要な調整を行うことを要求するために介入する必要がある」と述べた。

「FIAが問題に取り組むためにとろうとしている措置についてチームにガイダンスを与えるために技術指令が発行された。これらには以下が含まれる:

1.設計と観察された摩耗の両方の観点から、厚板とスキッドの綿密な調査。
2.車の垂直加速度に基づく、許容可能な垂直振動レベルの定量的限界を与えるメトリックの定義。このメトリクスの正確な数式はまだFIAによって分析されており、F1チームはこのプロセスに貢献するよう招待されている」

「中期的に車がそのような現象を示す傾向を減らす対策を定義するために、チームとの技術会議が開催される」

「FIAは、ドライバーの安全のために医師と相談した後、介入することを決定した」

「競技者が300km/hを超えるスピードで日常的に運転しているスポーツでは、ドライバーの集中力のすべてをそのタスクに集中させる必要があり、ドライバーが経験する過度の倦怠感や痛みは、集中力が失われることで重大な結果をもたらす可能性があると考えられる」

「さらに、FIAはドライバーの健康への即時の身体的影響に関して懸念を持っており、ドライバーの多くは最近の出来事の後に背中の痛み報告している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / F1ドライバー / FIA