F1チーム 「2022年の次世代F1マシンに現行リバリーを施してみた」
F1チームは、2022年の次世代F1マシンに現行カラーリングを施したレンダリング画像を公開している。

F1イギリスGPを控えた7月15日(木)、F1はシルバーストンで『F1 One Begins』と題した発表イベントを開催し、2022年のシギュレーションに沿った「F1史上もっと未来的なレーシングカー」と評した実物大の次世代F1マシンを披露した。

次世代の2022年F1マシンは、グランドエフェクト技術が復活する。このコンセプトは、特に先行するマシンをより密接に追従できるように良いレースを生み出すことを目的としている。

新しいコンセプトは、洗練されていないフロントウィングとリアウィング、シンプルなサイドポッドとバージボード、よりシンプルな形状のフロア、オーバーウィングウィングレット、薄型のピレリタイヤを備えた18インチホイールを備えたすっきりとしたデザインが特徴だ。

■レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダレッドブル・ホンダレッドブル・ホンダ

■メルセデス
メルセデス

■マクラーレン
マクラーレン

■アストンマーティン
アストンマーティン

■アルピーヌ
アルピーヌ

■アルファタウリ
アルファタウリ

■アルファロメオ
アルファロメオ

■ハース
ハース

■ウィリアムズ
ウィリアムズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン