F1、2022年導入の次世代マシンを披露 「史上最も未来的なレースカー」
F1は、2022年から始まるF1レギュレーションの新時代で使用される次世代F1マシンの本格的なモックアップを披露した。

F1史上最大規模となるルール変更は、本来ならば今シーズンから施工される予定だったが、新型コロナウイルスのパンデミックによって、F1チームは新しいレギュレーションの導入を2022年まで1年延期することに同意した。

7月15日(木)、F1はシルバーストンでのF1イギリスGPに先立って『F1 One Begins』と題した発表イベントを開催し、「F1史上もっと未来的なレーシングカー」と評した実物大のF1マシンを披露した。

F1は、今回の大規模なレギュレーション変更を見据えて、2019年後半から将来の規則を垣間見せてきた。

次世代の2022年F1マシンは、グランドエフェクト技術が復活する。このコンセプトは、特に先行するマシンをより密接に追従できるように良いレースを生み出すことを目的としている。

F1は、フロントウィングやエンドプレートなどの空力コンポーネントを簡素化し、規定の形状のリアウィングを導入することでこれを実現したいと考えている。

「FIAがスポーツの将来に関するレギュレーションを公式に発表したのは非常に昔のように感じるが、パンデミックによる1年の延期の後、次世代のF1マシンがコース上で走る2022年のスタートまであと170日だ」とF1のマネージングディレクターを務めるザク・ブラウンは語った。

「このような新しい時代の前には大きな興奮がある。2021年は素晴らしい戦いとなっているが、レース中はまだマシンがお互いを追いかけるのに苦労している。2022年の規制はこの問題に対処し、より緊密な戦いとより多くのホイール・トゥ・ホイールのレースの機会を生み出す。コストキャップの形での新しい空力規制と財務ルールとの複合効果は、バランスの取れたチャンピオンシップとグリッド全体のギャップを埋めるための条件を作成する」

2022年のルール革命の一部を形成する他の主要な変更により、F1は18インチのホイールリムに切り替わり、現在の1.6リッターV6ハイブリッドターボエンジンは少なくとも2025年の終わりまで凍結され、金融規制が厳しくなる。

F1チームは、2023年にさらに1億3500万ドルに下がる前に、現在の1億4500万ドルの予算上限から2022年には1億4000万ドルに調整する必要がある。

FIAシングルシーターテクニカルディレクターのニコラス・トンバジスは次のように述べた。

「2022年はFIA F1世界選手権の新時代を告げ、スポーツ史上最大の規制変更の1つが導入される」とニコラス・トンバジスはコメント。

「FIAは、F1とチームとの素晴らしい共同作業を主導し、コース上でマシン同士が緊密にレースをする能力に最大の影響を与えると思われるエリアを特定した。すでに施行されているこれらの新しい技術規則は、スペクタクルだけでなく、スポーツの持続可能性にも大きなプラスの影響を与えるはずだ」

2022年 次世代F1マシン2022年 次世代F1マシン2022年 次世代F1マシン2022年 次世代F1マシン2022年 次世代F1マシン次世代F1マシンとF1ドライバーの集合写真

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン