ロス・ブラウン 「ポルシェとアウディのF1会議参加は前向きなステップ」
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、潜在的な新しいエンジンメーカーが今後5年以内にF1に参入することを「真剣に検討」していえると語る。

先週末、レッドブル・リンクでエンジン関係者が集まって会議が行われ、次世代のF1パワーユニットについて議論が交わされた。

現時点で、新しいF1エンジン規制は2025年に導入される予定だが、特にメルセデスのトト・ヴォルフやレッドブルのクリスチャン・ホーナーを始めとする一部チームは、それを1年遅らせることをサポートしている。

新しいF1エンジンレギュレーションは、他のメーカーを引き付けるという楽観的な見方がある。アウディとポルシェがオーストリアでの会議に出席することを選択したことは非常に前向きなことであり、しばらくの間存在していたF1への関心を最終的に固めることを目指している。

その希望はロス・ブラウンによって確認された。ロス・ブラウンは、アウディとポルシャの意思決定者がシュピールベルクの会場にいて、何が提案されているかを聞くことに特に奨励されたと語る。

「現在、F1は非常に強力な場所にあると思う。他のメーカーは、我々が得ているエンゲージメントを見て『これは我々のためになるのではないか?』と言っていると思う」とロス・ブラウンは Channel 4 に語った。

「少なくとも、彼らは真剣に検討している段階にある。会議は本当にポジティブだった。結論は出なかったが、それは我々が通過できる次のステップを設定し、いくつかの新しいメーカーを巻き込んでいる」

「彼ら(アウディとポルシェ)は出席した。そして、私はそれらの会社のCEOが会議に集まることが本当にポジティブなステップであったと言わなければならない」

「あの時間は貴重なものであり、彼らがF1についてのミーティングに打ち込んだという事実は、F1の重要性とF1への関与を示していると思う」

ロス・ブラウンは、将来の新しいエンジンメーカーの関心は、特にレッドブルが2014年以来メルセデスが享受してきた優位性を壊し、競争力の高いシーズンにF1がポジティブな方向に迎えっていることを示していることになると考えている。

「我々がいる場所に本当に満足している」とロス・ブラウンは付け加えた。

「我々は自分たちの栄光にまったく頼っていないが、ご存知のように、数字は強力であり、この新しいエンジンが多くの拠点に確実に接触するようにしたいと考えている」

「それは関連している必要がある。我々は間違いなくサスティナブル、ゼロカーボン燃料を手に入れるだろう。それは素晴らしいレーシングエンジンでなければならない。F1ファンにF1レースを見ることに誇りを持ってもらいたいと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / アウディ / ポルシェ