F1技術責任者 「現在のF1エンジンは100%バイオ燃料には複雑すぎる」
FIA(国際自動車連盟)のコンサルタントであるジル・シモンは、持続可能なバイオ燃料の 100% 使用は現行パワーユニットにとっては複雑すぎるため、新しいエンジンが導入される2025 年に延期されたと語った。

カーボン ニュートラルになるためのF1の探求の一環として、FIA は完全に持続可能なバイオ燃料をすべてのシリーズに導入することを計画している。

F1は、現在のパワー ユニットの複雑さの一部が原因で少し挑戦的だ。当初、これらのバイオ燃料は2023年までに導入される予定だったが、ジル・シモンは、新しいパワーユニットが到着する2025年に到着するまで延期。そして、レッドブルの主導により、最終的に現行パワーユニットは2022年から凍結となった。

すでにプロトタイプの燃料は、テストのためにF1エンジン メーカーに提供されている。

「我々がプロトタイプを開発したのは、市場に出回っているさまざまな技術とそれらがどのように入手可能かを自分たちで調べたかったからだ」とジル・シモン Auto Motor und Sport に語った。

「コンセプトも1つだが、1,000リットルを入手できるかと尋ねると、突然、『2年で燃料を手に入れることができる。さまざまな方法がある』と言われてしまった」

「我々が開発したプロトタイプは確かに完璧ではなかったが、F1エンジンの物理的要件を満たしている。エンジンはそれで動く。最初の目標は、手頃な価格で早期に入手できるようにすることだった」

「我々には2つの選択肢があった。2025年まで待つか、2023年に燃料を供給し、2年後に新しいエンジンを導入するかのどちらかだ。 2番目の方法はお金がかかる。メーカーは2回作業をしなければならないからだ」

「現在のエンジンでは、この適応は、2025年に想定しているエンジンよりもはるかに複雑だ。 今日のエンジンは非常に特殊であるため、燃料に非常に特別な要求を課す。したがって、燃料は非常に高いエネルギー密度で非常に効率的だ」

「新しいエンジンでは、燃料開発の未来の技術にも基づいた方向に進んでいく」

新世代のF1エンジンが新しい燃料でどのように動作すると見ているかと質問されたジル・シモンは「F1の将来のパワーユニットは、持続可能な燃料で稼働し、燃料の使用量を減らし、汚染物質の排出を減らし、より高い割合の電力に貢献する必要がある」と語る。

「それが、最大負荷でどれだけスリムに運転できるかという 2 番目のプロジェクトに取り組んでいる理由だ。ロードカーでは、全負荷範囲で作動することはめったにない。消費は主に部分負荷範囲で定義される」

「そのため、市販車エンジンは部分負荷で非常に効率的になるように設計されている。全負荷で同じことを行うのは非常に困難だ。それが私たちの使命だ」

「我々は、エンジンの効率をさらに 10% 向上できると信じている。このためには、オクタン価への依存度が低い燃料が必要だ」

「現在、我々は研究段階にあり、設定した目標を達成するために将来のエンジンをどのように定義する必要があるかを考えている。まもなくこの情報をすべてのメーカーと交換し、一連の規制の策定を開始する」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / FIA