F1チーム、将来的な風洞の禁止を議論
F1は、コストをさらに削減するために、今後、風洞の使用を禁止する可能性がある。

F1チーム間の議論は、計算流体力学 (CFD) を支持して、2030 年から風洞を禁止することに集中している。F1チームが風洞で過ごすことができる時間はすでに制限されており、60%の縮尺モデルに制限されている。

しかし、かつては自動車開発の基本的な部分であり、開発だけでなく検証にも使用されてきた風洞だが、最近では1つの側面に過ぎずない。最近では、ワークフローには、CFD、風洞時間、シミュレーターでのテスト、および実際のテストが含まれるようになった。

これらの側面間の相関関係は、F1チームの理解にとって重要であり、特定の闘争の理由としてしばしば引用される。だが、風洞に関しての開発サイクルは特に高価だ。

F1は持続可能性をより高めようとしており、環境にもより配慮している。風洞は、それ自体を動かすためにかなりの電力を必要とする。

そのため、現在、風洞は、逃げ場のない状況となっている。

「風洞の禁止は2030年に向けて議論されてきた」とフェラーリF1のチーム代表マッティア・ビノットは確認した。

「私は、すべてのチームが何らかの形で議論に対してオープンである、もしくは最終的には何らかの形でそれを受け入れることをオープンにしていると思う。それは今からずっと先のことだからだ」

「しかし、今日、風洞を禁止する準備ができているか? まったくできていない」

「コスト削減に関して言えば、現時点で風洞での作業時間はすでに削減されている。これは正しい方向への一歩だ」

「完全に禁止し、もし今日禁止した場合、テストはコース上で行われ、風洞で行うよりもさらに費用がかかるだろう」

アルピーヌF1は、コストの観点からも風葬禁止のアイデアを支持している。アルピヌのCEOを務めるローラン・ロッシは「それがコストの抑制に役立つのであれば、通常、それは良い手段だ」とコメント。

「信頼性を追跡するためのCFDがどうかはまだわからないが、まだ風洞を完全に取り除くことができるようになるところまではきていないと思う」

「ある時点で、漸進的なシミュレーションによって段階的に廃止される可能性はあるが、その間は、おそらく実施されている措置に依存することになるだろう」

風洞を禁止するという考え方は、レッドブルF1のチーム代表クリスチャン・ホーナーによって提起された。レッドブルF1は、短期的にはレッドブル・パワートレインズ事業の追加によりコストを増加させると見られている.

「それは私が数か月前により長期的な視点で取り上げたトピックだ」とクリスチャン・ホーナーは説明した。

「特段、風洞は効率的ではない。あまり環境にも優しくない」

「シミュレーション、ツールは世界が進化し、CFDは急速に進化している・・・たとえば、(アストンマーティン)ヴァルキリーは開発され、開発段階全体で風洞に一度も入らなかった」

「10年後の見通しを立てれば、それは十分すぎるほどだ。電力とパワーを大量に消費するこれらの効果的なマシンの恐竜は過去のものになると思う」

「F1はテクノロジーの最先端であるべきだ。テクノロジー部門からの投資はますます増えており、そのテクノロジーのショーケースにならない理由はない」

マクラーレンは、完全に新しい風洞の完成にむけて作業を進めているが、この動きに賛同している。

マクラーレンF1のチーム代表であるアンドレアス・ザイドルは「クリスチャンに完全に同意する」と語る。

「これは我々がサポートしてきたものだ。これを導入するためのスムーズなパスを備えた適切な中長期的なタイムラインを設定することが重要だ」

ウィリアムズF1のヨースト・カピトは、基本的にはこのアイデアを支持しているが、禁止が望ましい効果を得るためには、さらに多くの作業が必要であると示唆している.

「我々は前を見据えなければならない。確かに持続可能性は我々全員にとって非常に重要だが、それは風洞以上のものだ」とヨースト・カピトは語る。

「コンピューティングには多くのエネルギーが必要なので、すべての詳細を調べて、それについてよく考えられた適切な立場を考え出す必要がある」

「現時点では、誰もが風洞を使用していると思うし、それは依然として非常に重要なツールだ。また、風洞の時間が短縮されており、より効率的に運用できている」

「我々として、非常に効率的に運用されていると言えるが、未来は確実に異なる。だが、未来がどのように見えるかを言うのは時期尚早だと思う」

レッドブルとアルファタウリは風洞を共有し、フェラーリは独自のユニットを持っている。ザウバー (アルファロメオ) の風洞は F1で優れた風洞の1つとして広く認識されていますが、アルピーヌF1は冬の間、風洞に問題があり、2021年のスタートで遅れをとった。

他のチームは施設で時間をリースしており、特にケルンにあるトヨタの風洞は人気がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン