F1:ロス・ブラウン 「メルセデスの抗議でウイング論争が覆るとは思わない」
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブルアンは、F1アゼルバイジャンGPでレッドブル・ホンダF1のリアウイングに対するメルセデスの抗議が成功するとは考えていないと語る。

メルセデスF1(ルイス・ハミルトン)の指摘を受け、FIA(国際自動車連盟)は、リアウイングの剛性テストを強化することを目的とする技術指令を発行したが、それは6月15日まで導入されない。つまり、F1チームは論争となっているリアウイングをF1アゼルバイジャンGPで使用することができる。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、レッドブル・ホンダF1や他チームがF1アゼルバイジャンGOで該当するリアウイングを走らせた場合、抗議すると警告している。バクーはロングストレートがあり、“曲がるリアウイング”のメリットは非常に大きくなる可能性がある。

したがって、柔軟なボディワークについての議論が続くは、F1アゼルバイジャンGPでいくつかの主要な論点があるかもしれないが、ロス・ブラウンは、この問題が議論のために提起されたのはこれが初めてではないと語り、抗議にとってスチュワードがFIAの意見に反するとは思わないと考えている。

「いいや、そうは思らない」とロス・ブラウンは ESPN に語った。

「FIAは彼らのアプローチとかなり一致していると思う。スチュワードがFIAの意見に反対するなら私は驚くだろう。」

F1のマネジメントに加わる前にいくつかのF1チームで働いていたロス・ブラウンは、議論が持ち上がったのはこれが初めてではないと語る。

「これはおそらくF1史上でフレキシリアウィングのバージョン27くらいだと思う」とロス・ブラウンは付け加えた。

「40年間のモーターレースで、私はこれを何度も経験してきた。パトリック・ヘッド(ウィリアムズ)がパルクフェルメでフロントウィングにジャンプしたのを覚えている。彼はそれが十分に硬くないと思ったからだ。彼はチャーリー(ホワイティング)に十分に硬くないことを示したかったので、実際にその上に立っった。その上で上下にバウンドして、それがどれほど柔軟であるかを示した」

「一連のFIAテストがあり、それが我々ができることの限界を決定することができた唯一の方法だ。テストに合格し、一部のチームがそれを気に入らない場合、FIAはそれを調査することができる。“フェアポイント”と言って、テストを強化し、さまざまなテストを行う。それは永続的だ」

「正直、問題を解決するために別のルートに行くケースはないと信じている。それをどのように定量化するかはわからないからだ。柔軟性が高すぎるという人の見方をする人もいれば、問題がないという見を据える人もいる。そのため、テストを実施している」

「そこにメカニズムやヒンジを入っているのであれば、それは正しくないことに同意する。しかし、構造の通常のコンプライアンスの範囲内では、問題は見られない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン / レッドブル / メルセデス