F1 アストンマーティン
アストンマーティンは、2021年から導入される新しいF1レギュレーション下でエンジンサプライヤーとしてF1に参入する可能性は薄れているようだ。

現在、2021年のF1レギュレーションについての議論が行われているが、高価なF1エンジンバトルに終止符が打たれる方向には進んでいない。アストンマーティンは、F1エンジンのコストが削減されることをF1参入の条件に掲げている。

アストンマーティンの最高経営責任者を務めるアンディ・パーマーは「悲しいことに、新しいレギュレーションは興味深いものになるようには見えない」とコメント。

「私が議論したレギュレーションでは、コストが十分に下がるとは思えないし、コンマ1秒を追求することに資金を費やす機会はかわらないように見える」

アストンマーティンは、元フェラーリのエンジン責任者であるルカ・マルモリーニをコンサルタントに向かえて、2021年のF1エンジン供給にむけて取り組んでいた。

しかし、アンディ・パーマーは、2021年のF1レギュレーション変更でもコストが下がるとはないため、アストンマーティンは参入できないと考えている。

「アストンマーティンはスポーツを愛しているし、関与したいと考えている。だが、我々は武器レースには関与することはできない。それは不必要に高価なものであり、スポーツを弱体化させている。なぜなら、そのコンマ1秒のアドバンテージを持つものが勝つからだ」

「まだ十分に明確となっていない部分があるので、最終的な提案を見てみるまでは参入することはないと断言するつもりはない。だが、支出戦争のドアが開いているようであれば、我々が関与することはないだろう」

アストンマーティンは、2019年からホンダがF1パワーユニットを供給するレッドブル・レーシングのタイトルスポンサーを務めており、チームは『アストンマーティン・レッドブル・ホンダ』として参戦する。


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1マシン