F1マシンの2022年03月のF1情報を一覧表示します。

ナイジェル・マンセル、“セナ・タクシー”で有名なウィリアムズFW14を放出

2022年3月31日
F1:ナイジェル・マンセル、“セナ・タクシー”で有名なウィリアムズFW14を放出
元F1ワールドチャンピオンのナイジェル・マンセルは、“セナ・タクシー”で有名な『ウィリアムズ FW14』をオークションに出品する。

ナイジェル・マンセルとアイルトン・セナがF1にクラシックシーンのひとつを提供したのは1991年のF1イギリスGP。ホームグランプリで圧倒的な速さでポールポジションを獲得し、すべてのラップをリードし、ファステストラップを獲得し、レースに勝利した。

シャルル・ルクレール 「DRSがなければF1レースは退屈なものになる」

2022年3月29日
シャルル・ルクレール 「DRSがなければF1レースは退屈なものになる」
スクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレールは、DRSが奪われた場合、F1レースは「非常に退屈」になると考えている。

サウジアラビアグランプリでのマックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールの優勝争いはDRSの有効性によって揺さぶられた。二人は、自分がDRSの権利を得るために、お互いに相手をだまして最終コーナー前のDRS検知ポイントを通過させようといたちごっこを演じた。

F1マシン解析:メルセデスF1の“ウイングつけすぎ”は苦しい言い訳?

2022年3月25日
F1マシン解析:メルセデスF1の“ウイングつけすぎ”は苦しい言い訳?
メルセデスF1は、2022年F1開幕戦バーレーングランプリでのトップスピードの不足を“ウイングをつけすぎた”ためだと説明した。

3つのメルセデスF1エンジンのカスタマーチームも、他のエンジンを搭載するチームよりも高いダウンフォースのリアウイングを走らせていたとしているが、それはPUの不足を隠すためのやや苦しい言い訳に聞こえる。

F1マシン解析:スクーデリア・フェラーリ復活の鍵を握る新型エンジン

2022年3月25日
F1マシン解析:スクーデリア・フェラーリ復活の鍵を握る新型エンジン
スクーデリア・フェラーリは、2022年F1開幕戦バーレーングランプリで新車F1-75で1-2フィニッシュで勝利を収めた。F1ジャーナリストのマーク・ヒューズは、成功の重要な要素のひとつとして新型F1パワーユニット『Tipo 066/7』に注目している。

スクーデリア・フェラーリが、F1-75という素晴らしい車を生み出したことは非常に明白だ。マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)がリタイアする前でさえ、シャルル・ルクレールの勝利は確実のように見えた。

F1:新たな試み“automotive displays”で公開されたアップグレード

2022年3月25日
F1:新たな試み“automotive displays”で公開されたアップグレード / F1バーレーンGP
F1は、2022年から新たな試みとして“automotive displays”セッションを導入。すべてのF1チームはアップグレードの内容を公に明らかにする必要がある。

各グランプリの金曜日のプラクティスの前に、各F1チームは代表者とともに最新バージョンの車をメディアに公開する必要がある。予選後には週末ごとにチームを選択して同じことが行われる。このイベントの前にはアップデートされたパーツのリストも公開される。

アストンマーティンF1、AMR22から塗装を剥がして“350g”の軽量化

2022年3月25日
アストンマーティンF1、AMR22から塗装を剥がして“350g”の軽量化
アストンマーティンF1チームは、2022年F1マシンの重量問題に対処するためにAMR22から“350g”の塗料をこすり落とした。

新世代の2022年F1マシンは、18インチタイヤへの移行や安全性を向上させるためのシャシー構造の変更によって昨年よりも重くなっており、最低重量は46kg増加して798kgへと変更になった。

F1上層部、新世代F1マシンは「現時点でネガティブな要素はない」

2022年3月23日
F1上層部、新世代F1マシンは「現時点でネガティブな要素はない」
F1のマネージングディレクターであるロスブラウンは、新世代の2022年F1マシンは“最悪”だった先代モデルから一歩を踏み出したと考えており、新しいレギュレーションに「ネガティブなものはない」と語る。

2022年F1開幕戦バーレーングランプリでは、 マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)がシャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)からリードを奪うためにスリル満点のトップ争いを展開するなど、フィールド全体で多くのアクションが行われた。

F1マシン解析:フェラーリのサイドポッドが最適解?アルピーヌがコピー

2022年3月23日
F1マシン解析:フェラーリのサイドポッドが最適解?アルピーヌがコピー
2022年のF1マシンのサイドポッドにはさまざまな形状が見られているが、開幕戦バーレーングランプリで1-2フィニッシュを果たしたスクーデリア・フェラーリのコンセプトが最適解かもしれない。アルピーヌF1チームがすでに追従している。

アルピーヌF1チームは、2022年開幕戦バーレーングランプリでサイドポッドのアップデートをもたらした最初のF1チームとなった。

ハースF1チーム代表、“白いフェラーリ”への懸念を一蹴

2022年3月20日
ハースF1チーム代表、“白いフェラーリ”への懸念を一蹴
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、“白いフェラーリ”または“白鯨”と揶揄されているハースVF-22とフェラーリF1-75の類似性への指摘を一蹴した。

ハースF1チームは、2016年にF1グリッドに参入したときからフェラーリと強い繋がりを持っている。ハースのF1マシンは、フェラーリ製のパワーユニットを搭載するだけでなく、スクーデリア・フェラーリのギアボックス、サスペンション、その他のパーツを使用しており、風洞にもアクセスできる。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム