エステバン・オコン 「純粋なスピードではアルファタウリ・ホンダに勝てない」 アルピーヌF1
エステバン・オコンは、アルピーヌF1がアルファタウリ・ホンダほど速くないことは分かっているが、F1アメリカGPでの相対的なパフォーマンスの欠如はショックだったと語る。

アルパインF1は、サーキット・オブ・ジ・アメリカズでペースに苦しみ、Q3に到達することができず、決勝ではエステバン・オコンとフェルナンド・アロンソともにレースからリタイアしている。

これにより、4月のイモラから続いていたアルピーヌF1の連続入賞記録が途絶えた。

コンストラクターズ5位を争うアルファタウリ・ホンダも、F1アメリカGPでピエール・ガスリーがリタイア。だが、チームメイトの角田裕毅が9位入賞を果たしたことで、10ポイント差まで縮めている。

「あそこまで苦戦するとは予想していなかった」とF1アメリカGPでのアルピーヌF1のパフォーマンスについてエステバンン・オコンは語った。

「もちろん、自分たちがアルファタウリ・ホンダほど速くはないことを知っている。僕たちが両方のマシンでポイントを獲得してきたことで、そ違いを生んだだけだ」

「僕たちは2台のマシンにトップ10に入ること能力があるときに少しでもポイントを獲得してきた」

「それが違いを生んだ。もちろん、ブダペストでの強い週末も僕たちをそのポジションに置いてくれた」

「僕たちにできることは、自分自身に集中し、できる限りベストな仕事を目指すことだけだ」

「理論的には彼らを倒すことはでいない。でも、毎回両方のマシンでポイントを獲得して、そこで一貫性を保つように努めている」

「もちろん、COTAではポイントを獲得できなかったけど、チームとして15戦連続でポイントを獲得してきたことで、順位表では彼らよりも優れている。そして、それが僕たちが続けるべき方法だ」

エステバン・オコンは、アルポーヌがF1メキシコGPでのポイント争いに戻ることができるとの確信していると語る。

「明らかに、メキシコのサーキットは非常に異なる特性だ。ターマックで非常に異なるし、はるかにスムーズだ」とエステバン・オコンはコメント。

「良いリズムと良いパフォーマンスに戻れない理由はない。まもなく元の状態に戻ると確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / エステバン・オコン / ホンダF1 / アルファタウリ / アルピーヌ