メルセデスF1代表、エステバン・オコンの2022年のアルピーヌ残留を示唆
エステバン・オコンは、2022年のメルセデスF1のドライバー候補ではないようだ。チーム代表のトト・ヴォルフは、オコンが2022年もアルピーヌに残留することを示唆した。

トト・ヴォルフは、メルセデスF1がルイス・ハミルトンの続投を望んでいることを明らかにしているが、現在のバルテリ・ボッタスのシートについては、育成ドライバーのジョージ・ラッセルの昇格が強く噂されている。

24歳のエステバン・オコンは、もう一人のメルセデスF1の育成ドライバーだったが、現在、アルピーヌにローン移籍しており、フェルナンド・アロンソのチームメイトとして活躍している。

「冬の間に僕のチームにいくつか変更があった」とエステバン・オコンはバルセロナで語った。

「スタッフは素晴らしい。僕たちはポルトガルの後に一緒にファクトリーに行って準備を行った。誰も休むことを望まなかった」

「経験を積むほど、マシンとチームのことをより知ることができる。今はマシンをセットアップするときに僕が言っていることがうまく実装されている」

今年のエステバン・オコンのパフォーマンスは、メルセデスF1のバルテリ・ボッタスの後任候補になる可能性があるとの噂を生んだが、「僕はアルピーヌでの仕事に集中したい」とオコンは語った。

トト・ヴォルフも、エステバン・オコンがアルピーヌF1に残留することが2022年の最も可能性が高い結果であると同意する。

「エステバンの状況は少し変わっている」とトト・ヴォルフは語った。

「彼は長い間メルセデスで我々のプログラムに参加していたが、現在はアルピーヌのファクトリーチームのドライバーだ。それは事実だ」

「彼はそこでうまくやっていると思う。彼は成長し、進歩している。それに彼はフランス人でもある」

「それで、すべての星が彼のために集まっている。我々サイドが意見を述べる前に、まず彼が自分のキャリアをどのように続けるかを決めると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / エステバン・オコン / メルセデス / アルピーヌ