エステバン・オコン 「アロンソがチームメイトになればハッピーだ」 / ルノーF1
エステバン・オコンは、2021年に2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソがルノーF1に復帰して新しいチームメイトになれば“とてもハッピー”だと語る。

マクラーレンで不遇なシーズンを過ごして2018年末でF1を離れたフェルナンド・アロンソだが、マクラーレンに移籍するダニエル・リカルドの後任としてルノーF1に復帰する可能性が報じられている。

今年、ルノーF1に移籍したエステバン・オコンは、フェルナンド・アロンソと“素晴らしい関係”を築いているため、復帰の可能性を歓迎していると語る。

「僕の個人的な選択はチームがやろうとしていることとは無関係だけどね」とエステバン・オコンは語った。

「僕はフェルナンドと素晴らしい関係を築いている。ヘルメットを持っているし、ドライバー間で行った交換したのは彼だけだ」

「彼は当時のミハエル(シューマッハ)と戦いで僕にスポーツへの愛情を与えてくれたドライバーだ」

「彼がルノーF1に加入するかどうかはわからないけど、彼が戻ってくるのであれば、僕はとてもハッピーだ」

ルノーF1のチーム代表であるシリル・アビテブールはその気持ちを知っているかと質問されたエステバン・オコンは「わからない。後で話し合う必要があるかもしれないね」と答えた。

フェルナンド・アロンソ以外では、今シーズン限りでフェラーリF1離脱が決定しているセバスチャン・ベッテルも2021年のルノーF1の空席にリンクしており、ルノーF1はジュニアドライバーの1人を昇格させる可能性もある。

フェラーリF1に移籍するカルロス・サインツの後任としてマクラーレンに加入するダニエル・リカルドは、フェルナンド・アロンソはルノーF1にとって最良の選択肢だと考えている。

「チームメートは素晴らしいベンチマークであり、スキルセットに追加される。いつでも何かを学ぶことができる。このスポーツにはまだ完璧なドライバーがいるとは思わない。常に改善する必要がある」とダニエル・リカルドは語る。

「だから、僕はフェルナンドだと言いたい。候補者の中で、セブ(ベッテル)とは12か月しかチームメイトではなかった。それはかなり迅速に進んだけど、再びチームメイトになることに反対することはないだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / エステバン・オコン / ルノー / フェルナンド・アロンソ