エステバン・オコン 「メルセデスF1所属時にDASの存在は知らなかった」
昨年までメルセデスF1チームのリザーブドライバーを務めていたエステバン・オコンは、物議を醸しているDAS(デュアル・アクシス・ステアリング)の存在を知らなかったと語る。

メルセデスW11に搭載されている独創的なDASはF1プレシーズンテストのオンボード映像で明らかになった。ドライバーはステアリングを押し引きすることでフロントタイヤのトー角を変更することができ、タイヤ温度やストレートスピードに影響を与えると考えられている。

2019年にメルセデスのシミュレータードライバーとして過ごし、グランプリ週末にチームに帯同していたエステバン・オコンだが、メル

今年ルノーでF1復帰するエステバン・オコンは「何でだと思う? 私は知らなかった。私はしなかったと誓うよ!」と Canal Plus に語った。

「彼らは非常に賢くて、システムの影響を僕に示さなかったか、僕がルノーとメルセデスの間で立ち往生していたときに、非常に遅れて考案されて設計されたかのどちらかだ」

「シーズン終了後、僕はファクトリーに戻ることはできなかった。戻ってシミュレーターで作業することはできなかった。その時だったか、もしきは彼らが非常に賢かったかだ」

「でも、僕が去った年末に彼らがシステムを思いついた可能性が高いと思う」

しかし、エステバン・オコンは、ブラックリーのシミュレーターでメルセデスが実証済みのDASを持っていたと確信している。

「すべての部品がコース上で走る前にシミュレーターに行くので、彼らがシミュレーターでそれをテストしたのは間違いない」とエステバン・オコンは主張した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / エステバン・オコン / ルノー / メルセデス