エステバン・オコン、ルノーF1と初仕事「この日を待ちわびていた」
エステバン・オコンは、12月3日(火)にヤス・マリーナ・サーキットで行われたF1アブダビテストで2020年のルノーのF1ドライバーとして正式に仕事を開始。ルノーF1との初走行は“素晴らしい気持ち”だったと語る。

2018年末にレーシングポイント(旧フォース・インディア)のシートを喪失したエステバン・オコンは、今年をメルセデスのリザーブドライバーとして過ごした。

2020年にニコ・ヒュルケンベルグに代わってルノーのF1シートを獲得したエステバン・オコンに対し、メルセデスは契約を早期に解除し、アブダビテストでルノーのF1マシンでの走行が実現した。

「戻ってこれて素晴らしい気持ちだ」とエステバン・オコンはF1公式サイトに語った。

「今日はとてもワクワクしていた。何カ月もこの日を待ちわびていたし、ついにそれが実現した。第一印象はいい感じだった。チームはとても温かく歓迎してくれた。いつもそれはとても嬉しいことだし、古い顔や新しい顔ともも会えた。それは素晴らしいことだ。

「今、僕たちはすべての細かな詳細に本格的に取り組み始めた。午後に近づくにつれて、限界に近づき始いていったので、気持ちがよかった」

エステバン・オコンは、186cmと長身だが、自分を念頭に設計されていないマシンへの適応について、ドライバーの平均身長を考えれば、メルセデスよりもルノーに収まる方が簡単だったと述べた。

「主な焦点は、スピードを取り戻すことだった。もちろん最後に運転してからしばらく経っている。そして、みんなと仕事をすることも僕たちにとって新しいことだし、、そして小さな詳細に取り組む前に大きな詳細に取り組んだ。マシンで賢明なポジションを得て、それが多かれ少なかれ完了したら、マシンと新しいタイヤの最初の感覚をつかまなければならなかった」

「ルノーのマシンでの僕のポジション、シートポションの方が少し良い。スペースが広いからね。ニコ(ヒュルケンベルグ)とダニエルの方が、バルテリ(ボッタス)とルイス(ハミルトン)より明らかに背が高い。みんなとも知り合いになることと、新しい人と仕事をすることも非常に異なる。私たち全員がお互いを完全に理解することが最も時間がかかるものだと思う。初日にはいつも言わなければならないことがたくさんある。それが最も複雑なものであり、集中するために最も必要なものだ」

テストの初日に77周走り込んだエステバン・オコンは、2日目にルノーと取り組んでいくことができる強力なプラットフォームがあると確信したと語る。

「感触は良かった。明らかに改善できることがたくさんある。このエンジンも僕にとっては2年ほど新しいものであり、優れたパワーがあった。もちろん、バランスは常にそれに取り組む必要がことだ。明日も継続できる強固な基盤があると思る」

「もっと続けていけたと思う! でも、僕たちはしっかりと夜の睡眠をとって仕事に戻る必要があるからね!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / エステバン・オコン / ルノー