F1 エステバン・オコン
エステバン・オコンは、F1が夏休みとなる8月に携帯電話が鳴りやまなくなることを期待している。

8月はファクトリーの強制シャットダウンとなるためF1界の大部分は休憩を取ることになるだろう。しかし、ハースF1チームのプリンシパルを務めるギュンター・シュタイナーは、2020年のドライバー市場の鍵を握ると考えている。

メルセデスの支援を受けるエステバン・オコンは、ルノー、レーシングポイント、ハース、ウィリアムズ、そして、メルセデスのワークスチームと多くのチームのドライバー候補に挙げられている。

「自分の将来がどうなるか見ていくし、プダペストの後はもっと多くの答えが得られるだろう」とエステバン・オコンは Canal Plus にコメント。

8月の夏休みについて質問されたエステバン・オコンは「私のために多くのことが起こることになるだろう。夏休みの間、私の電話はとても熱くなっていると思う」

「でも、物事が起こっていて、人々が僕のことを話している限り、それは良いことだ。僕が本当に願っているのは来年競争力のあるクルマに乗ることだ」。

「僕の夢は常にレースとチャンピオンシップを勝ち取ることだし、できるだけ早く戻ってきたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: エステバン・オコン