F1 エステバン・オコン
エステバン・オコンは、2019年にF1でレースシートを確保できなかった場合、メルセデスに関連する3つのF1チームのリザーブドライバーを兼任することになるかもしれない。

今年フォースインディアでレースをするエステバン・オコンだが、2019年はランス・ストロールのフォースインディア移籍によってシートを喪失することになり、ウィリアムズの空席が最後の望みとなっている。

しかし、メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは、ウィリアムズのシート獲得の可能性は薄れてきていると認める。

「彼は、我々(メルセデス)、フォースインディア、そして、ウィリアムズのテストドライバーになるかもしれない。彼は多くのシミュレーター作業を実施することになるだろう」とトト・ヴォルフは Auto Motor und Spor にコメント。

「そして、1年後に向けて準備をしていく。奇跡的にウィリアムズのドアが開けば、彼はそれを掴み取るだろう。だが、クレアとパディの委ねられており、我々がどうにかできることではない」

エステバン・オコンは、2019年にメルセデスのリザーブドライバーを経て、2020年にバルテリ・ボッタスに代わってルイス・ハミルトンのパートナーを務めることになると予想されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: エステバン・オコン | ウィリアムズ | フォース・インディア | メルセデス