F1 エステバン・オコン フォース・インディア
エステバン・オコンは、同士討ちによって悪化したフォース・インディアでチームを組むセルジオ・ペレスとの関係についてメルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフにアドバイスを求めていたことを明かした。

両者はスパ・フランコルシャンで高速走行時に2度にわたって接触。エステバン・オコンはセルジオ・ペレスが“僕を殺そうとした”と主張し、ペレスも自分の考えを曲げようとはしなかった。

すでに二人はカナダとアゼルバジャン、ハンガリーでも激しくやり合っていたこともあり、F1ベルギーGP後、フォース・インディアは二人にレースをさせないチームオーダーを発令することを決断した。

F1ベルギーGP後、エステバン・オコンはインシデントとチームメイトとの緊張関係を相談するためにトト・ヴォルフに電話を掛けた。トト・ヴォルフは、メルセデスでルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグとのチームメイト同士の難しい関係を経験している。

「たぶん僕が彼(ヴォルフ)に電話をしたのは初めてだったと思うし、彼らがルイスとニコをどのように扱っていたかを相談した」とエステバン・オコンは Autosport に語った。

「アドバイスを求めたのは確かだし、彼ら(メルセデス)は僕を助けてくれた」

「僕には彼らの視点とフォース・インディアの視点があった。異なる視点を得られることは常に助けになるけど、メルセデスの視点はとりわけ役に立つ。彼らはワールドチャンピオンだし、彼らはそれらがどういったことかをわかっている」

「どのようなアドバイスを受けたかについて詳細を話すことはできないけど、とにかく助けになった。常に良いアドバイスだし、冷静に受け止めることができる」

今年のドライバーズ選手権を8位で終えたエステバン・オコンは、事故について自分とペレスは気持ちを切り替えて前に進んでいると述べた。

「僕たちはお互いに敬意を払うことが重要だ。チームにとっては良い雰囲気でいることが重要だし、僕たちはクルマを正しく開発するために協力している」

「僕たちは休日を一緒に過ごすようなことはないかもしれないけど、うまくやっているよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: エステバン・オコン | フォース・インディア