エステバン・グティエレス
エステバン・グティエレス(ハース)は、F1ベルギーGPの決勝レースで5グリッド降格ペナルティを科せられた。

スチュワードは、フリー走行3回目でパスカル・ウェーレイン(マノー)を激怒させたエステバン・グティエレスのブロッキング行為にペナルティを科すことを決めた。

エステバン・グティエレスは、ラディオンでパスカル・ウェーレインが高速で近づいていることに気づかずにレーシングラインをゆっくりと走り、ウェーレインは衝突を避けるために芝生へ逃れざるを得なかった。

怒ったパスカル・ウェーレインは「マジで馬鹿げてる! あいつは何をやっているんだ?」と叫んでいた。

5グリッド降格ペナルティに加え、エステバン・グティエレスは、ペナルティポイント3点を科せられた。

F1ベルギーGPでは、他にもエンジン交換により、マーカス・エリクソン(ザウバー)が10グリッド、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)が35グリッド、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が55グリッド降格が決定している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: エステバン・グティエレス | F1ベルギーGP | ハース