バーニー・エクレストン 「フェラーリは今日のF1に重要な役割を果たした」
元F1最高責任者のバーニー・エクレストンは、F1が今日の人気を確立させるうえで最も重要な役割を果たしたのはフェラーリだと語る。

「フェラーリは今日のF1を形作る上で大きな役割を果たしたと思う。彼らは最初からそこにいた。魔法の名前だ」とバーニー・エクレストンは Beyond the Grid でのインタビューで述べた。

「オートバイのレースについて誰かに尋ねても、彼らはフェラーリの名前を出すだろう

「私はかつてフェラーリ氏と密接に連絡を取り合ってした。彼は英語を話せず、私はイタリア語を話せなかったので、簡単ではなかった。だから、我々は常に仲介者を必要としていましたが、彼は常に非常に前向きで親切だった」

89歳になったバーニー・エクレストンは、F1最高責任者の役割はリバティメディアのチェイス・ケアリーに譲ったものの、名誉顧問としてF1に残り、取締役会の顧問を務めている。

89歳のビジネスマンは、F1グループの最高経営責任者に交代しましたが、名誉会長として残り、取締役会の顧問を務めています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バーニー・エクレストン / フェラーリ