バーニー・エクレストン アラン・プロスト
F1最高責任者のバーニー・エクレストンは、F1史上最高のドライバーを選ぶとしたらアラン・プロストだと考えている。

F1史上最高のドライバーは誰だと思うかと Marca に質問されたバーニー・エクレストンは「難しいが、長年見てきたなかで選ぶとすれば、プロストだろう」と答えた。

「プロストは、シューマッハやセナよりも優れていた。ミハエルはチームやチームメイトから助けを得ていたし、セナにも一時そのような時期があった。だが、プロストはそういった特別扱いは一切受けなかった。彼には常に同じチーム内に戦わなければならないライバルがいた」

だが、自分が一番好きなドライバーはヨッヘン・リントだとバーニー・エクレストンは語る。

「彼とはとても親しかった。仲間であり、友人と言ってもいいぐらいだった。

「一番好きなドライバーは彼だ。だが、史上最高とはいえない。それはプロストだ」

アラン・プロストは、4度のワールドチャンピオン(1985年、1986年、1989年、1993年)を獲得し、通算51勝を挙げた。

ヨッペン・リントは1970年にタイトルを獲得。この年のシーズン途中に事故で死亡したが、ポイントリーダーの座を奪われないままシーズンが終了し、タイトルを与えられた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: バーニー・エクレストン