バーニー・エクレストン
バーニー・エクレストンは、メルセデスの完全支配がF1を“退屈”にし、観客に背を向けさせたと Welt am Sonntag に語った。

「メルセデスの支配はかなり強い。かなりの数の人々がレースをスタートをみて、その後テレビのスイッチを消してしまうほどね。メルセデスがレースを退屈にした」とバーニー・エクレストンは述べた。

「スポーツにとって良いことではない。ファンはグランプリのスタート前に誰が勝つかなど知りたくない。現時点でそれは我々にとって問題であり、解決しなければならないことだ」

メルセデスとルイス・ハミルトンは、コンストラクターズ選手権とドライバーズ選手権を2連覇した。

F1の商業面を取り仕切るバーニー・エクレストンは、その優位によってF1の将来について心配していることを認めている。

バーニー・エクレストンは、チームとメーカーが、F1をより手頃な値段でより魅力的なものにし、改革のためのパッケージに同意するために協力する必要があると考えている。

「何十年にもわたり、我々はより競争力を保証するために財政的な活動を制限しようとしてきた」と語るバーニー・エクレストンは、よりパワフルで安価なエンジンが、そのような競走の場を達成するための鍵となると付け加えた。

今シーズン、メルセデスはルイス・ハミルトンとニコ・ロズズベルグが19戦中16勝を挙げ、12回の1-2フィニッシュを達成している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バーニー・エクレストン / メルセデス