バーニー・エクレストン
バーニー・エクレストンは、2014年にF1復帰への関心を示しているミシュランを一蹴した。

ミシュランは、FIAがレギュレーション変更を受け入れるのあれば、F1復帰に興味があることを認めている。

しかし、バーニー・エクレストンは、ミシュランがFIAとコンタクトを取るのは見当違いだとし、ピレリとはすでに商業契約を結んでいると Speed に述べた。

「FOMとピレリは契約を交わしている」とバーニー・エクレストンはコメント。

「彼ら(FIA)はコマーシャルとは何の関係もない。FIAの立場はレギュレーターだ。彼らは合意された全てのレギュレーションを管理する」

「ジャンは、FIAの会長だ。この件が世界モータースポーツ評議会で投票されるなら、彼は1票の投票権がある。世界モータースポーツ評議会の問題ではなくても、大きな違いはない」
「私が話をした全てのチームがピレリにとても満足している。彼らは問題を抱えていたが、対処してくれたことに彼らは満足している」

またバーニー・エクレストンはピレリに加えてミシュランが参戦し、タイヤ戦争を復活させることにも反対だと述べた。

「彼らは勝てると思うチームを選びたがるだろう。そして、他の誰かではなく自分たちを選んでもらうために多くの金を払うようになるだろう。いずれにせよ、我々はピレリと契約している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: バーニー・エクレストン | ミシュラン