2014年 F1 V6ターボエンジン
バーニー・エクレストンは、2014年に導入される新世代V6ターボエンジンのサウンドを人工的に増幅させる可能性を示唆した。

バーニー・エクレストンは、2014年エンジンが現行のV8エンジンのサウンドを維持できなければ、F1ファンへの魅力を失うことになると懸念している。

F1オーストラリアGPの主催団体オーストラリア・グランプリ・コーポレーションのロン・ウォーカー代表も同じように懸念している。

F1ビジネスジャーナリストのクリスチャン・シルトは「V6は芝刈り機エンジンのようであり、我々はあらゆる手段でそれと戦っている」とのバーニー・エクレスンの証言を伝えた。

バーニー・エクレストンは「ロン(ウォーカー)が言っているのは、エンジンが16,000回転に到達することを確実にしなければならないということだ」とコメント。

「それは同意されているし、現在、我々は回転数がそのようにはならないということだ。燃料フローは同意されており、たとえ大きな燃料タンクを持っていたとしても、16,000回転まで上げることはできない」

バーニー・エクレストンは、好ましいオプションではないが、V6エンジンのサウンドを人工的に増幅させる可能性もあることを明らかにした。

「現行エンジンのようなサウンドを聞かせられるかもしれない」とバーニー・エクレストンはコメント。

2011年にロン・ウォーカーは以下のように語っている。

「(ジャン)トッドがオーストラリアで、次はハイブリッドになりそうだと私に伝えてきた。『ノイズはどうなる?』と言うと、彼は『クルマの後部に“ボックス”を置くだろう』と言っていた。おお神よ!」

新しいエンジン規約を市販車への喜ばしいステップとみなしているエンジンメーカーにとっては懸念は少ない。

新エンジンの導入により、ホンダがF1復帰するものと考えられており、フォルクスワーゲンとトヨタもV6規約に興味を持っていると噂されている。

だが、バーニー・エクレストンは、規約の大幅な変更は、実際にはエンジン供給元にとってリスクだと考えている。

「これから起こることが、メーカーにとってどうなるかという危険がある。もしうまくいかなければ、彼らは辞めてしますだろう」とバーニー・エクレストンは Autoweek に述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: バーニー・エクレストン