F1シュタイアーマルクGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント
2020年のF1世界選手権 第2戦 シュタイアーマルクGPの決勝が7月12日(日)にオーストリアのレッドブル・リンクで行われた。

優勝はポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトン。終始レースをコントロールする走りで今季初勝利。通算85勝まで勝利数を伸ばした。2位にもバルテリ・ボッタスが続き、メルセデスが1-2フィニッシュを達成。3位にはレッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンが今季初表彰台を獲得した。

1位:ルイス・ハミルトン(メルセデス)
「ここは僕にとって苦手なトラックのひとつだったので、今日のようなパフォーマンスができて最高の気分だ。とても嬉しい。昨年の最終戦で優勝してからずいぶん時間がたってしまったように感じるけど、難しい最初の週末を乗り越えることができたのは大きな前進だ。チームは戦略面で素晴らしい仕事をしてくれたし、それを維持しながら、縁石を避けて、最後まで走り切った。終盤はファステストラップを狙っていたけど、40周走った古いミディアムだったので、新しいフレッシュなタイヤを履いている相手には敵わないだろうと思っていた。チームとファクトリーのみんなが素晴らしい仕事をしてくれたことに感謝したい。集中力と決断力を失うのは簡単だけど、このチームではそんなことはない。まだまだ先は長いし、誰にとってもチャレンジングなことは分かっている。でも、これは間違いなく一歩前進だ」

2位:バルテリ・ボッタス(メルセデス)
「4番手からのスタートで、今日はダメージを最小限に抑えることが目標だった。何とか最大限の結果を出せたと思う。昨日は理想的な状態ではなかったので、今日は25ポイントには届かなかったけど、それでも多くのポイントを獲得できた。マシンのパフォーマンスも良かったし、チャンピオンシップでもまだリードしているから、悪くはないと思う。マックス(フェルスタッペン/レッドブル)とはいいバトルができた。第1スティントを延長してタイヤのオフセットを作っていたから、終盤は彼よりもかなりペースが上がっていた。しかし、接近したレースはいつも楽しいものだし、きっちりパスできたのは良かった。最初の2戦はとても心強いものだったので、次の週末が楽しみだ」

3位:マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
「今日は表彰台獲得を果たすことができた。もちろん、また表彰台に上がれたことはよかったけど、優勝争いをするにはまだ速さが及ばないということでもある。今日は可能な限りプッシュし、ルイス(ハミルトン)についていこうと全力を振り絞ったが、叶いませんでした。まだ課題は多く、改善に向けてできる限り推し進めていかなければならない。みんながどれだけ懸命に取り組んでいるか、僕は分かっている。僕にとって、今日は、バルテリ(ボッタス)とのバトル以外、最高にエキサイティングなレースとは言えない。あのとき僕のタイヤはほぼ終わりかけていて、パスされるだろうとは思っていたけど、簡単には行かせまいとアウト側から抜き返した。後続との差は大きく、僕に失うものはなかったので、リスクもなかった。3位はいい結果あけど、望んだ位置はもっと上であり、毎週優勝争いをしたいと思っている。次のハンガリーは、僕らにとっていい展開になればと考えている。ストレートは少なく、チャンスは増えそうだし、今日よりも気温が上がりそうだ。チーム全員で少し休息を取り、次週に向けてリセットしていく」

4位:アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
「先週のレース結果を考えると、今日はレース内容もよかったし、4位に入賞してチームのためにポイントを獲得できたこともよかった。自分が思っていたよりも後ろの方でレースを展開することになり、レースペース自体もあまりよくなかった。ただ、先週よりはマシンをよく理解できているし、どこを改善していけばいいのかも分かっている。ロングストレートや決まったタイプのコーナーでは苦しみがちで、マックスも僕も改善が必要だと考えている部分は同じだ。今日はレース終盤で(セルジオ)ペレスが非常に速く、最終ラップのターン4では抜きにかかられたけど、十分に彼の分のスペースは開けていた。彼が少し膨らんだので接触したけど、大きなクラッシュにはならなかった。ハードなレースの1シーンという感じだったと思う。ハンガリーまで1週間ということで、ここからできることをやっているけど、メルセデスは非常に強いので勝つのは難しいかもしない。ただ、僕たちもプッシュを続けていく」

5位:ランド・ノリス(マクラーレン)
「今日はとても良いレースだった。まず、チームは戦略に関しては素晴らしい仕事をしてくれたし、僕は最初のスティントでソフトタイヤを管理するために良い仕事ができた。ピットインするまで39周も走った。それがレースの鍵になったし、第2スティントであれだけ強さを発揮できた。一時はミディアムを履いてコース上で最速のマシンだった。10番手だったところから、最後の2周で3回もオーバーテイクを成功させて5位まで巻き返ずことができた。先週のように、自分のポジションを死守するのではなく、前進しなければならないレースだった。攻撃とオーバーテイクのレースだった。とても楽しかった。自分自身にもかなり満足しているけど、それ以上にチームのためにうれしく思う。大量ポイントを獲得できたし、カルロスのファステストラップもある。本当に素晴らしい2週間だったし、シーズンをとても良い形でスタートできた。次のレースでもことを維持する必要がある」

6位:セルジオ・ペレス(レーシングポイント)
「今日、チームは素晴らしい仕事をしてくれた。戦略も良かったし、マシンのペースも良かった。順位を取り戻すという目標を達成することができたし、最後は5位、もう少しで4位というところまで追い上げることができた。第2スティントではアレックス・アルボンをハードにプッシュしたし、彼を追い抜くチャンスは1回しかなかった。残念ながら、接触してしまって、ポジションを落として6位でフィニッシュすることになった。重要なのは先週末から今週末にかけて同じサーキットで前進できたことだ。今年のマシンが新しいコンセプトであることを考えると、僕たちはまだ学習中だし、理解しようとしているところだ。来週末のハンガリーでのレースに向けて興奮している」

7位:ランス・ストロール(レーシングポイント)
「強力なスタートを切って、すぐに順位を上げて落ち着くことができた。なんとか前のルノーに近づくこともできた。第2スティントは少しトリッキーだったし、ダニエル・リカルドを追い抜くのは非常に困難だった。彼はターン1の進入と立ち上がりで強かった。でも、辛抱強く、ファイナルラップで彼を追い抜く機会を見つけて仕掛けた。本当にエキサイティングなレースの終わり方だった。家で見てくれているファンも僕たちと同じくらい楽しんでくれていたらいいね。今日のマシンは競争力があったし、ライバルに力強いパフォーマンスを発揮できた。今後のレースにむけて有望だ」

8位:ダニエル・リカルド(ルノー)
「今日はもっと多くのことを期待していたのは確かだ。スタートは良かったし、順位も上げていた。最初のスティントではミディアムのフィーリングが良かったけど、ソフトは期待していたほど速くなかったし、思っていたほどの効果は得られなかった。レースの最後は苛立たしいものだったし、最後の数周はポジションをキープするのに苦労した。インシデントに関しては、ストロールが来るのが見えていたけど、ターンインしたらクラッシュしそうだったので、ああいう判断をしなければならなかった。彼をブロックすべきだったかもしれないけど、あの一瞬で2つ順位を失ってしまったのは残念だ。悔しい気持ちが強いけど、これでシーズンが始まり、走り出せた」

9位:カルロス・サインツ(マクラーレン)
「僕にとってはかなり期待外れな1日だった。ピットストップで問題があり、大量のポイントを逃した。レース序盤は堅実なペースで5番手を走っていたし、後続とのギャップもコントロールしていた。でも、残念ながら、ピットストップが悪く、トラフィックの真ん中でピットから出ることになった。ギャップを取り戻すためにかなり早い段階で強くプッシュしなければならず、バッテリーが消耗し、最終的にはレース後半のタイヤも妥協を強いられることになった。思い通りにいかない1日だった。ページをめくってもっと強るときだ。でも、今日は5位という結果を失ってしまった。チームとして勝つときも負けるときも一緒だし、来週のハンガリーでは巻き返したい」

10位:ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)
「金曜、土曜と苦戦を強いられただけに、今日は素晴らしいレースができたと言える。先週のレースに比べてリタイアしたマシンが少なかったにもかかわらず、きちんと仕事をして1ポイント獲得を果たすことができたのでうれしい。すべて計画通りに進んだ。アタックを受けることも多かったが、しっかりとポジションを守り、レース終盤にかけては後続との差を広げることもできた。ここからはまた来週末に迫っているハンガリーに向けて切り替えなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1ドライバー / F1オーストリアGP