F1 2019年のF1世界選手権
2019年のF1世界選手権に参戦する全10チームの20名のF1ドライバーラインナップが出揃った。

フォース・インディアは11月26日(金)にランス・ストロールがチームに加入することを発表。公然の秘密となっていたこの移籍が発表されたことで2019年のF1ドライバーラインナップが確定した。

2019年のF1世界選手権はグリッドが大きく様変わりする。

今年と同じドライバーラインナップを継続するのはメルセデスとハースだとなり、6名がチームを移籍、4名がF1フル参戦デビュー、2名がF1復帰を果たす。

2019年のF1世界選手権では3名のルーキーが下位カテゴリーのF2から昇格。チャンピオンを獲得したジョージ・ラッセルはウィリアムズ、2位のランド・ノリスがマクラーレン、そして、3位のアレクサンダー・アルボンがトロロッソ・ホンダでF1デビューを果たす。アントニオ・ジョビィナッツィがザウバーで初のF1フル参戦を果たす。

また、2名がF1復帰。ダニール・クビアトがトロロッソ・ホンダ、そして、ロバート・クビサがウィリアムズで9年ぶりにF1グリッドに復帰する。

チームを移籍するのは6名。ダニエル・リカルドがレッドブルからルノー、カルロス・サインツがルノーからマクラーレン、キミ・ライコネンがフェラーリからザウバー、シャルル・ルクレールがザウバーからフェラーリ、ピエール・ガスリーがトロロッソからレッドブル、そして、まだ未発表だが、ランス・ストロールがウィリアムズからフォースインディアに移籍する。

今季F1に参戦していたドライバーでは6名が姿を消す。フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)が引退、ストフェル・バンドーン(マクラーレン)がフォーミュラEに転向、マーカス・エリクソン(ザウバー)がインディカーに転向、エステバン・オコン(フォースインディア)はメルセデスのリザーブドライバー、セルゲイ・シロトキン(ウィリアムズ)とブレンドン・ハートレー(トロロッソ)の活動は未定となっている。

また、公表されたエントリーリストでは、レーシングポイント・フォースインディアから“フォースインディア”の名称が外され、“レーシングポイント”としてエントリー。グリッドに10年間存在していたフォースインディアの名前が消えることになる。だが、チームはこの名称は暫定的なものであり、再び変更する可能性を示唆している。

また、今年10月のF1日本GPでフィリップ モリス インターナショナルと“Mission Winnow”というイニシアティブを発表していたフェラーリは『Scuderia Ferrari Mission Winnow』としてエントリー。ハースF1チームは、エナジードリンク企業のリッチエナジーをタイトルスポンサーに迎えて『Rich Energy Haas F1 Team』として参戦。

ウィリアムズは、今シーズン限りでタイトルスポンサーのマルティニとの契約が終了し、来季は『Williams Racing』に変更される。

2019年 F1ドライバー

メルセデス
44 ルイス・ハミルトン
77 バルテリ・ボッタス

フェラーリ
5 セバスチャン・ベッテル
16 シャルル・ルクレール

レッドブル
33 マックス・フェルスタッペン
10 ピエール・ガスリー

ルノー
3 ダニエル・リカルド
27 ニコ・ヒュルケンベルグ

ハース
8 ロマン・グロージャン
20 ケビン・マグヌッセン

マクラーレン
55 カルロス・サインツ
4  ランド・ノリス

レーシングポイント(フォースインディア)
11 セルジオ・ペレス
18 ランス・ストロール

ザウバー
7 キミ・ライコネン
99 アントニオ・ジョビナッツィ

トロロッソ・ホンダ
26 ダニール・クビアト
※ アレクサンダー・アルボン

ウィリアムズ
88 ロバート・クビサ
63 ジョージ・ラッセル

※未発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1ドライバー