ルーカス・ディ・グラッシ
ルーカス・ディ・グラッシは、ヴァージンのレースシートを失ったのは資金が足りなかったからだと主張している。

昨年ルーカス・ディ・グラッシはヴァージンでF1デビューしたが、2011年のシートはジェローム・ダンブロジオに奪われた。

「ヴァージンとの契約はあったけど、僕には新しいスポンサーシップが必要だった」とルーカス・ディ・グラッシは Arena SporTV にコメント。

「僕はそれを手に入れることができず、ベルギー人が手に入れた。今は来シーズン(F1への)復帰を再構成している段階だ」

Globo Esporte は、ルーカス・ディ・グラッシは優秀なテストドライバーとして評判が高いため、今年はピレリのタイヤ開発分野での契約が可能であると報じている。

2011年ワールドチャンピオンシップ全般について質問されたルーカス・ディ・グラッシは「まだ残っている友人と話をした」として次のように続けた。

「マシンに乗っているときでも、テストに基づいて考えるのは難しいものだ。でも、レッドブルはまだとても強いし、フェラーリも強いと思う」

「マクラーレンは、何かを隠しているか、シーズン開幕時でよくないのかのどちらかだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルーカス・ディ・グラッシ | ヴァージン