ペドロ・デ・ラ・ロサ
ペドロ・デ・ラ・ロサが、2010年にザウバーで小林可夢偉のチームメイトになるとスイスのBlick紙が報じている。

同紙は、ヒンウィルに大地震でも起きない限り、まもなくザウバーがペドロ・デ・ラ・ロサの起用を発表すると主張。

スペインのEl Mund紙は、マクラーレンがデ・ラ・ロサに対して2009年末まで2010年のF1における役割を決断するよう通知したと報じていた。

スイスの週刊誌NZZ am Sonntag、ペーター・ザウバーが2010年の小林可夢偉のチームメイトとして「チームに新しい知識」をもたらす「経験豊富な人物」と契約したことを認めたと報じている。

またペーター・ザウバーは、そのドライバーがニック・ハイドフェルドでないことを認めているという。

来月で39歳になるペドロ・デ・ラ・ロサは、ザウバーのチーム本部に近いチューリッヒに住んでいる。デ・ラ・ロサが最後にフルタイムでF1参戦したのは、2002年のジャガー時代までさかのぼり、翌年からはマクラーレンのテスト&リザーブドライバーを務めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ペドロ・デ・ラ・ロサ / ザウバー